2012年09月11日

<パラリンピック> 元F1レーサー、ザナルディが自転車で金

自転車ハンドサイクルロードタイムトライアルH4で優勝し、
自転車を持ち上げて喜ぶ元F1レーサーのザナルディ=ブランズハッチで2012年9月5日、木葉健二撮影 自動車の元F1レーサーで、
01年にカート・シリーズのレース中の事故で両足を切断したイタリアのアレッサンドロ・ザナルディ(45)が5日、パラリンピックに初出場。ロンドン南東のサーキット「ブランズハッチ」で行われた自転車の男子ハンドサイクルロードタイムトライアル(運動機能障害H4)で金メダルを獲得した。

 手こぎの自転車で16キロの走行タイムを競うレースで、10人が1分おきにスタート。各国の報道カメラマンが待ち受けるスタート地点にザナルディが6番目に登場すると、大歓声が上がった。ザナルディは序盤から快調に飛ばし、24分50秒22でフィニッシュ。2位に27秒18の大差をつけた。

 ザナルディは82年にカーレーサーとなり、90年代には最高峰のF1で活躍した。事故後も09年まで特別仕様のマシンで現役を続けたが、07年からはハンドサイクルにも挑戦した。昨年、ニューヨークシティー・マラソンのハンドサイクル部門で優勝するなど国内外で実績を重ね、パラリンピック代表となった。

 会場のブランズハッチはレーサー時代も走った思い出の場所。金メダル獲得後、「私の人生の大きな成果になった。この年でこうした経験ができ、私は幸せ者」と語った。7日の個人ロードレースと8日のチームリレーにも出場する。【和田浩幸】

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6927640/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

可夢偉、初表彰台に再挑戦だ!/イタリアGP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000042-sanspo-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレックス・ザナルディがパラリンピックで金メダル

写真拡大アレックス・ザナルディ(参考画像) 写真一覧(3件)ウィリアムズ、ロータス、ジョーダンなどでF1をドライブしたアレックス・ザナルディが、2012年パラリンピックのハンドサイクルに出場し、ブランズハッチサーキットで見事金メダルを獲得した。

ザナルディは現在45歳。ラウジッツリンクのチャンプカーのレース中に両足を失ったが11年前から障害スポーツを続けてきた。今回は、距離16kmのタイムトライアルの途中、チェーンが外れるアクシデントにも見舞われたが、最後ザナルディは2位のノルベルト・モサンドル(ドイツ)に27秒の差をつける24'50.22で優勝した。

「21年前、僕はブランズハッチのレースでポールポジションを取ったがレースは2位だった。2位と3位は経験したけど、ブランズハッチではまだ優勝をしてなかった。金メダルは本当にうれしいよ!」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6927928/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ベッテル、グラミー賞歌手のミュージックビデオに出演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000001-rcg-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パートワークマガジン【 週刊 NISSAN GT-R】と【マクラーレン ホンダ MP4/4】を比べてみた!

マクラーレン ホンダ MP4/4」を大人買い!

「週刊 NISSAN R35 GT-R」の組み立てにすっかりハマってしまったボクですが、9月上旬にディアゴスティーニから「MP4/4」のパートワークマガジンが創刊されると聞いて、いてもたってもいられなくなり、とあるところから取り寄せちゃいました。

※ちなみにこちらは「お盆中」に大人買いして一気に組み立てた【 週刊 NISSAN GT-R】。
詳しい記事はコチラ…「週刊 NISSAN R35 GT-R」を大人買いしてみた!

「週刊 NISSAN R35 GT-R」も「マクラーレン ホンダ MP4/4」もモデルカーとしては珍しい1/8スケール。スポーツカーとフォーミュラーカーの違いはありますが、パートワークマガジン「MP4/4」を組み立てながら、クルマ好きの視点で「週刊 NISSAN R35 GT-R」との○と×を比べてみたいと思います。

<慣れてない人は難しいかも…ボンドで接着!?>

こちらが創刊号に入っていたフロントノーズコーンとウイング、そしてヘッドカバーです(カッターとマスキングテープは自前)。この「MP4/4」ですが、組み立てには接着剤での固定が多いんですね。一方「週刊 NISSAN R35 GT-R」は、ほとんどがダイキャスト部品でしたので組み立てはビスとドライバー。きちんと説明書を読んでいれば作業ミスでモデルが台無し、なんてことはありません。逆に接着剤での組み立ては慣れてないと仕上げが難しいんですよね。そもそもプラスチック用の接着剤の原理って、貼り付け面の素材を溶解して再固着させる方法。だから接着剤がはみ出しちゃうとだらしなく痕が残っちゃうし、指についたままパーツ触って痕がついて取れなくなっちゃうなんていうハプニングも起きがちなんですよね。ある程度プラモデルを作るスキルがないとキレイに作るのは難しいかもしれません。

もうひとつ手間なのはやすりがけ。すべて塗装済みなので、写真のように塗装をはがしてから接着しなければいけないということ。接着面は紙ヤスリかカッターで下処理をしてから貼り合わせるので、結構な手間なんですよね。

接着した後はずれないようにマスキングテープでキッチリ固定します。約1時間ほどおいてから次の作業に入ります。せっかちさんにはあまり向いてないかも。説明文にはキレイに作るコツが懇切丁寧に書いてあるので、プラモデル作りの経験がない人は一通り読んでから組み立てに入った方がいいかもしれません。作業途中でツールの用意が無い、なんてことにもならないように!

さあ、「MP4/4」と「週刊 NISSAN R35 GT-R」のディテールを見てみましょう。

<タイヤを比べてみた>

左側が「MP4/4」です。「週刊 NISSAN GT-R」の方が素材の固さといい質感といいリアルなですね。「MP4/4」は、やぼったいテカリが出ていて格好悪いと思ったのですが、あとでサンドペーパーで表面処理する行程があるとか…。

では重さを量ってみましょう。

F1のホイールはマグネシウム合金なので実物でも超軽量ですが、モデルカーとしてとらえると、やはり「重さ=高級感」に軍配が上がりそうです。

<パーツの質感を比べてみた>

こちらも左は「MP4/4」のリアウイングとノーズコーン。右は「週刊 NISSAN GT-R」のアンダーカバーです。両方とも実物はカーボン 素材なのですが、右のGT-Rの方が繊維の目がちゃんと出ていて、よりリアルに近い質感ですね。

<ブレーキ回りを比べてみた>

こちらのブレーキ回りは「MP4/4」の方が精密に再現されていますね。「週刊 NISSAN GT-R」の方はキャリパーがダイキャスト製なので細かい造形には向いていないのかも知れません。「MP4/4」はパッドも再現されていましたし、ハブ回りも色合い含めリアルでした。

<ユーザビリティを比べてみた>

こちらは付属のドライバー。上が「週刊 NISSAN GT-R」下が「MP4/4」です。画像ではわからないのですが、「週刊 NISSAN GT-R」の方はドライバーが磁性していて、狭いところへのビス止めもとても楽なんです。長さも十分にありますし頭部の丸いところが軸になって「回す」作業も楽チンです。一方「MP4/4」はもっと細かいビスなのに磁石になっていないので作業が大変。また、精密ドライバーの頭部分って普通はクルクル回るように出来ていて、そこを人差し指で押さえながら作業をするはずなのですが「MP4/4」のは固定されているので使い勝手があまり良くないです。

どちらにしろ「MP4/4」は、「週刊 NISSAN GT-R」のように付属の工具だけで組み立てられる手軽さとは違って中級者以上向けのモデルカーなのかもしれませんね。

こちらがVol.1からVol.15まで一気に組み上げたパーツです。この他にも、もう少し進んでから使用するストックパーツがあります。各部品の精度やディテールの再現度はバツグンですね。

ちなみにこちらはVol.33まで組み立てた「週刊 NISSAN GT-R」。ダイキャストのシャーシの重量を量ってみたら単体で2.5kgありました!1/8というスケールを最大限に活用した迫力のあるモデルカーが出来上がりそうです。

<まとめ>

端的に言うと、「マクラーレン ホンダ MP4/4」は豪華なプラモデル。動画やグラビアで見た、あの思い出のマシンをもう一度自分の手で具現化するいわば「視覚」に基づいたモデルカーですね。一方「週刊 NISSAN R35 GT-R」は1/8のいわばキットカー。走るわけではないのですが、本来のクルマが持つ重量感やムービングパーツの仕組みなどが手に取るようにわかる「触感的」なモデルカーというイメージ。なんせ出来上がりが重さ10kg以上、全長58.3cmという超巨大なモデルカーなんですから!

「クルマが好き」、「機械の構造に興味がある」なんていう方は「週刊 NISSAN R35 GT-R」が断然オススメっていうのが両方見比べたボクの感想でしょうか。リアルなクルマに想いを馳せながら秋の夜長にコツコツ組み立てるなんて、大人のイイ趣味じゃないですか!

■バックナンバー注文

http://www.gtr-collection.jp/products/detail.php?product_id=8&mode=form

■定期購読申し込み

http://www.gtr-collection.jp/products/detail.php?product_id=7&mode=form

製品詳細情報はコチラから>>>http://www.gtr-collection.jp

直接ご注文は、フリーダイヤル 0120-22-8320/FAX0120-63-0886

発行:イーグルモス・リミテッド/発売:株式会社ハーレクイン


ディアゴスティーニ 「週刊 マクラーレンホンダ MP4/4」

<関連記事>

クリッガールのくぼきひろこが「週刊 日産GTーR」を作ってみました その1
クリッガールのくぼきひろこが「週刊 日産 GT-R」を作ってみました。その2【週刊NISSAN GT-R】
超精密! 全長583mm、重量10kgの1/8GT-Rが毎週発売されます【週刊 NISSAN GT-R】

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6926682/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

プーチン大統領、大空を舞う
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120906-00000060-jnn-int
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビデオ】F1王者ベッテルが今年のグラミーアーティスト、メラニー・フィオナのPVに出演!

写真拡大F1の最年少優勝記録や、最年少王者記録などを塗り替え、現在最も注目されているドライバー、セバスチャン・ベッテル。そんな彼が、以前にカンフー映画に出演したニュースをお伝えしたが、今回はなんとミュージックビデオに出演したという。
ベッテルが出演したのは、今年のグラミー賞で2部門に輝いたR&Bシンガー、メラニー・フィオナの最新アルバムからシングルカットされる"Watch Me Work"のPV。撮影が行われたのはニュージャージーのF1サーキットで、ベッテルはフィオナを乗せて真紅のインフィニティ「G37(日本名:日産スカイライン)コンバーチブル」を疾駆させるだけでなく、車から降りた彼女が歌えるようライトの電源を入れたり、音響システムを操作したりと、いつもとは違う一面を見せている。

実はこれ、インフィニティが行っている「インスパイアード・パフォーマーズ」というプロモーションのイベントで、今回の作品はシリーズの第3弾。インフィニティは、ベッテルの所属するレッドブル・レーシングのスポンサーであることからこの企画が実現した。ちなみに、彼はインフィニティの国際ブランド大使にも任命されている。

ダブルF1ワールドチャンピオンと、ダブルグラミー賞受賞者によるこのコラボ、早速ビデオでチェックしてみよう。撮影風景やサーキット上の様子、インタビューを交えた映像もご用意したのでそちらもどうぞ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】インフィニティの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!【ビデオ】F1王者ベッテルが今年のグラミーアーティスト、メラニー・フィオナのPVに出演!すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
【ビデオ】F1王者ベッテルが今年のグラミーアーティスト、メラニー・フィオナのPVに出演!【ビデオ】思わずクスッ! カーチェイスならぬ"ビールチェイス"を描いた面白CM【ビデオ】960psにチューンされたトラックがレース中に観客席に突っ込む!

http://news.livedoor.com/article/detail/6926159/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

中国人ドライバーが
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-35021422-cnn-int
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1コリアグランプリPR大使に歌手PSY

写真拡大  フォーミュラワン(F1)大会組織委員会は4日、京畿道広州市のCMパークスタジオで、歌手PSY(サイ)=写真中央=をF1コリアグランプリPR大使に任命した。PSYは「世界のモータースポーツの祭典『F1コリアグランプリ』PR大使として、大会成功のため頑張ります」と語った。PSYはF1の決勝が行われる10月14日、霊岩サーキット常設ブロックのコンサート会場で入場者を対象に「PSY F1スペシャル・コンサート」を行う。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6925221/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

バトン&ハミルトン、ガチンコのタイトル争いを希望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000000-fliv-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:05 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【F1 イタリアGP】出場停止グロージャンの代役はダンブロジオ

写真拡大ジェローム・ダンブロジオ 写真一覧(3件)ロータスは、リザーブドライバーのジェローム・ダンブロジオが今週末のイタリアGPにおけるロマン・グロージャンのシートでドライブすると発表した。グロージャンはベルギーGPのコーナー事故を引き起こしたとして、1戦の出場禁止処分を受けている。

「ジェロームをサードドライバーとして契約した理由は、彼のモチベーションと若々しい才能、2011年フルシーズンの経験を評価したからだ。モンツァのドライブでぜひともわれわれの評価に応えてもらいたい」

「彼はチームともよくなじんでいるし、ムジェロテストでは立派な仕事を見せた。モンツァのようなチャレンジングなサーキットで、ポディウムに入れる実力のあるマシンをドライブするチャンスを彼は手に入れたわけだ」

ダンブロジオは昨年1年間ヴァージン(現マルシャ)でドライブしたが、シャルル・ピックにシートを奪われた。ロータス・グループの一員であるジニー・ドライバー・プール所属の彼は、今年ロータスでリザーブ役を務めることとなった。

「2012年になってからも、F1に復帰したいと常に願ってきた。今回のチャンスは両手でしっかりと受け止めたい。モンツァで走れるなんて夢のようだし、今は金曜日が待ちきれない思いだ。サードドライバーとして僕はすべてのグランプリに同行し、すべてのブリーフィングにレーシングドライバーと共に参加しているから、いつでもドライブする準備はできている。モンツァの難しさは承知だし、与えられた仕事の重さは十分理解しているよ」

「ぜひ大量のポイントを獲得してチームの信頼に応えたい。日曜日のレースが終わればシートはロマンに返さなければならないけど、イタリアでのチャンスで自分の能力をフルに発揮したいと思っている」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6924074/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

グロージャンの処分に対する
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00000006-rcg-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンダ、「軽」で巻き返しに懸命 スポーツカー開発再開、若者取り込み狙う

写真拡大 ホンダ急伸の「原動力」、「N BOX」ホンダが「軽」自動車市場での巻き返しに、スポーツカーを投入する。同社の伊東孝紳社長が2012年9月2日に開いた鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)の誕生50周年を記念したイベントで、「軽」のスポーツカーを開発していることを明らかにした。
ホンダは軽自動車の販売を強化、なかでも「N BOX」は売れに売れている。新型スポーツカーを投入し、品揃えを増やすことで若者層などより幅広いユーザーの取り込みを図る。
「F1撤退」イメージダウンだった
ホンダは1991〜96年に軽自動車の2人乗りスポーツカー「ビート」を発売しており、いまでも中古市場では根強い人気を誇っている。伊東社長はスポーツカーの開発について、「極端に小さく楽しめるスポーツカーを画策している」とし、「軽」として売り出す考えを示した。
ホンダは2008年のリーマン・ショックに伴う収益悪化で、フォーミュラーワン(F1)レースから撤退。伊東社長は、それがいまなおホンダのブランドイメージに影響しているとみており、「ホンダらしさ」を取り戻すためにも、スポーツカーの開発が不可欠と考えたようだ。
また、ライバルのトヨタ自動車が12年4月に「86」を、また富士重工業がトヨタと共同開発した「BRZ」(3月)を投入するなど、再びスポーツカーへの注目が集まりつつあることもある。
ホンダは「技術的な部分を含め、(ビートとは)何から何までがまったく別の、新型スポーツカーをつくることになります」と話している。
一方でリーマン・ショック後、ホンダは「軽」へ取り組みを加速させている。「軽」は日本の自動車販売台数の約4割を占めている。伊東社長は、軽自動車という枠組みの「限られた規格でどれだけ面白さを出せるかということ。(「軽」でスポーツカーという)市場としても可能性がある」と、意欲をみせた。
収益性重視、「N BOX」売れる
全国軽自動車協会連合会が2012年9月3日に発表した8月の軽自動車の新車販売台数によると、ダイハツが45004台とトップ。スズキは43742台、ホンダは23073台だった。
1〜8月の累計でも、「ミラ」が売れたダイハツが48万9873台。スズキは41万2297台、ホンダは21万3730台で続いた。ダイハツもスズキも前年同期に比べて約1.4倍と伸ばしているが、ホンダはそれを上回る2.6倍増と、「2強」を猛追している。
ホンダが急伸している「原動力」は、11年11月に発売した「N BOX」だ。その名のとおり「ワンボックス」タイプだが、「軽」としては広い室内空間やスライド式のドアなど、「軽らしくない」ことが幅広い層の支持につながっている。
ホンダはリーマン・ショック後、収益性重視の車種を投入。「N BOX」は利益が薄いとされる「軽」にあって、最下位となるグレードでも124万円と高額車種の一つで、小型車のフィット(スタンダードタイプ)と価格を比べてもほとんど変わらない。
7月には派生車種の「N BOX+(プラス)」を発売。月間の目標販売台数3000台に対し、7月は約4000台を売った。「N BOX」シリーズ全体では2万1837台。1〜7月の累計は12万5678台だった。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
トヨタ「アクア」快走、累計15万台突破  「地域・ボランティア活動」で若者狙う尖閣「政府購入で合意」NHK報道正しいのか 地権者側は「東京都に売却」変えず竹島、尖閣諸島はなぜ揉めるのか もっと知りたい国境問題

http://news.livedoor.com/article/detail/6921614/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ペレス「イタリアGPでも強力」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00000008-fliv-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州で頂点を極めつつある香川真司ら 日本人の「夢」を実現してきたアスリートたちに学ぶ

 マンチェスター・ユナイテッド(以下・マンU)に移籍した香川真司が好スタートを切った。
 プレミアリーグ開幕から3戦連続で先発出場。第2戦のフラム戦では初ゴールも決めた。ゴール前のこぼれ球をつめただけの簡単なプレーに見えたが、この場所にいること自体がすごいし、ゴールをプレゼントしてくれるかのように目の前にボールが転がってきたことも「持っている」選手である証だ。また、このゴール以外でも巧みなパスで幾度となく決定機を演出。目の肥えたマンUサポーターの心を早くもつかみつつある。
 マンUといえば、サッカー発祥国の英国でも頂点に君臨する名門クラブ。人気は世界に拡がっており、約6億6000万人ものファンを持つといわれている。日本サッカーのレベルが上がり、ヨーロッパに渡る選手は増えたが、こんな超ビッグクラブに日本人選手が加入し堂々とプレーしているシーンが見られるのは、ほんの数年前まで考えられなかったことだ。香川は夢を現実のものにしてくれたのである。
 振り返ってみれば日本サッカー界は夢を次々と実現させてきた。20年前の93年にJリーグがスタートした時の夢は「W杯に出場すること」。それは5年後の98年フランス大会で実現した。が、この時はグループリーグで3戦全敗。次の夢は「W杯での勝利とグループリーグ突破」になった。これも2002年日韓大会で実現。そして日本代表は2010年南アフリカ大会まで4回連続出場。ベスト16に2度なった。今では「W杯には出場して当たり前」になり、本大会でのベスト16以上が具体的な目標になっている。
日本人には夢のまた夢だった
F1レギュラードライバーの座
 サッカー以外でも日本のスポーツが夢を実現させた例はいくつかある。古くはF1の日本人レギュラードライバーがそうだった。F1に初めて参戦した日本人ドライバーは1975年の鮒子田寛。その翌年には星野一義、長谷見昌弘、翌々年には高橋国光が参戦しているが、いずれも1レースのみ出場が認められたスポット参戦だった。
続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
強烈な向上心を持つアスリートなればこそ 本田圭佑“ビッグマウス”語録ダルビッシュは世界26位。英国誌が発表した 「2012年版・アスリートの市場価値トップ50」元Jリーグ指導者が続々と代表監督に “キャリア”として認められつつある日本サッカー

http://news.livedoor.com/article/detail/6917408/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ロータス、ダンブロジオの
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120905-00000001-rcg-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドブル創業者の孫がフェラーリで警官をひき逃げ

 清涼飲料水「レッドブル」を開発した故Chaleo Yoovidhya氏の相続人である孫のVorayuth Yoovidhya氏が、ひき逃げで警察に逮捕されていたことが3日、わかった。

 地元紙の報道では、この27歳の孫は自らが運転するフェラーリで、警察官の乗るバイクをはねてそのまま届け出ることなく逃走したという。警官は死亡。警察はガソリンオイルなどの跡を追跡し、容疑者を特定し、その後、ひき逃げの疑いで逮捕さした。孫は現在、50万バーツを支払い保釈されているという。

 故Chaleo Yoovidhya氏は総資産、推定40億ドル(フォーブス推計)。タイではナンバー1の大富豪。中国系の移民で製薬会社を起こし、1970年代からエネルギードリンクの開発を始め、レッドブルを開発。トラックの運転手に無料で配布して広めていった。

 現在はF1の自チームからワールドチャンピオンを輩出したり、サッカーのNYレッドブルズを所有している。会社は、創業者の長男が指揮を取っている。 すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
存亡危機のシャープ、悪行の「バチが当たる」年商15億、15歳から経営者の高校生こう見えても年収は億越えデス

http://news.livedoor.com/article/detail/6917801/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000033-rps-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【F1 ベルギーGP】優勝のバトン「そこら中にマシンが散乱していた」

写真拡大F1 ベルギーGPに勝利したジェンソン・バトン(マクラーレン) 写真一覧(6件)混乱を切り抜けた勝者たち。夏休み明けのベルギーGPはスタート直後から意外な展開の連続で推移していった。トップ3ドライバーの談話からその熱戦を伺う。

優勝
ジェンソン・バトン(マクラーレン)

「一番前でエキサイティングじゃないレースをやってごめんね! でもね、レースをコントロールして楽そうに見えたかもしれないけど、決して楽じゃなかったんだよ。タイヤの状態は常に気を配らなければならないし、後ろとのギャップも気になるしね」

「今日のレースはとりわけ展開が読みにくかった。ストラテジーがチームごとに違っていて、実際のポジションがよくわからなかったんだ。スタート直後のT1の状況もひどかったね。ミラーで全体が見えていたけど、そこら中にマシンが散乱していた」

「僕のレースはむしろ単調だったかな。金曜日に雨の影響でロングランのデータが得られなかったので、厳しいレースと予想していたんだけど、結果は正反対だった。1ストップがここまでうまくいくのは珍しいと思う。12周目まで走ったところで、チームからマシンのフィーリングはどうかと聞いてきた。バランスは良くなる一方だと無線で答えて20周までピットを引き伸ばしたんだ」

「チームとしてはドライバーズ&コンストラクターズどちらも大きなポイントを稼ぎたいから今日の結果は文句なしだ。僕はまじめなチームプレーヤーだからチームのために戦う。チームには二つのタイトルを持ち帰りたいから、計算上ドライバーズのチャンスが残っている限りは決してあきらめるつもりはない。今日のレースを見てもらったとおりだよ!」

2位
セバスチャン・ベッテル(レッドブル)

「今日の結果は満足しているよ。昨日の予選は計画とは違った展開になったけど、今日はいつもの調子が戻ってきた。スタートはだめだったかな。 1コーナーで僕だけがポジションを稼いでいない。その分レースで頑張ったわけだけど、それはそれで楽しめた。ストラテジーは見事に狙い通りで、ペースも出ていたのが今日の最大の収穫だ。マシンが順調で、苦労なしに走れるレースが一番だね」

「ジェンソンとマクラーレンの優勝にお祝いを言いたい。今週末のモンツァも楽しみだよ。去年もあそこでは良いレースができたし、なんといってもイタリアGPの雰囲気が大好きだからね」

3位
キミ・ライコネン(ロータス)

「スタートはまずまず文句なしで、ザウバーをオーバーテイクした。ミラーにはさまざまな出来事が写っていたが、僕は幸い巻き込まれずにすんだ。ただ惜しいことに今日はペースに乗ることができなかった。週末ずっと不調続きで、まともなセットアップが見つけられなかったんだ。新品タイヤならなんとかなったけど、スライドを防ぐためにダウンフォースを増していたのでストレートが遅かった」

「ストレートの遅さに関しては、僕とミハエル(シューマッハ)のバトルを見ればわかるよね。僕が何回もパスしてるのに、ケメルストレートで彼が抜き返してくる。オールージュでオーバーテイクを狙う以外に僕のチャンスはなかった。これが幸いうまくいって、今度は前を守ることができた。今日はペースが足りず苦しいレースだったので、3位なら結果は悪くないと思っているけどね」

《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6916693/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000038-rps-moto
【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。