2012年09月12日

フェラーリ 599 レーサー、グーグル副社長に納車…落札価格は1億4000万円

写真拡大グーグル(Google)のベンジャミン・スロス副社長に引き渡されたフェラーリ599 XX EVO 写真一覧(5件)2012年5月に発生したイタリア北部地震の被災者を支援するために、フェラーリが実施したチャリティオークション。このオークションの目玉として出品された『599XX EVO』を落札したのが、グーグル(Google)の重役であることが判明した。

これは9月8日、イタリア・モンツァで開催中のF1イタリアGPの会場で行われた599XX EVOの納車セレモニーで明らかになったもの。同車が、米国カリフォルニア州から夫人とともに駆けつけた、グーグルのベンジャミン・スロス副社長に引き渡されたのだ。

599XX EVOは2011年12月、ボローニャモーターショー11で初公開。レース専用車の『599XX』をベースに、さらなる戦闘力アップが図られた貴重なレーシングフェラーリである。

6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューンによって、最大出力は700psから750psへ、最大トルクは66.3kgmから71.4kgmへ向上。アクティブリアウィングも採用されており、F1マシン同様、2つのフラップが電動で回転して開閉することで、ダウンフォースを調整する。

グーグルのベンジャミン・スロス副社長は、フェラーリ主催のチャリティオークションにおいて、この599XX EVOを140万ユーロ(約1億4000万円)で落札。同副社長の依頼によって、ボディカラーが特別なイエローで仕上げられたのが特徴で、フェラーリのルカ・ディ・モンテゼモーロ会長のサイン入りプレートも添えられた。

当日は、フェラーリF1のフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの両選手から、ベンジャミン・スロス副社長に車両を引き渡し。イタリアで地震が発生した直後から、再建に向けての支援を決意していたというスロス副社長、「今回のオークションに参加して、支援できたことが何よりもうれしい」コメントしている。
《レスポンス 森脇稔》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6942378/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

シューマッハー、引退後はメルセデス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00000011-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 20:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。