2012年09月11日

【F1 イタリアGP】ハミルトン「この週末は絶好調だった」…決勝トップ3コメント

写真拡大2012年イタリアGPで2位表彰台に上ったザウバーのペレス 写真一覧(9件)2012年シーズン最後のヨーロッパ戦として、クラシックグランプリのイタリアGPが行われた。優勝はハミルトン。ザウバーのペレスが2位、アロンソが3位に入る熱戦だった。それぞれのコメントを聞いてみよう。

優勝
ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
「モンツァで優勝できたことは、僕のF1キャリアの中でも重要な経験となった。僕はこの国が大好きなんだ。初めてイタリアでレースをするようになったのは13歳の頃だけど、文化や食べ物、イタリアの人々が好きでたまらない。F1でドライブするようになってからは、モンツァの優勝は僕の見果てぬ目標であり続けた。この歴史ある偉大なサーキットでは、名ドライバーと呼ばれる先人たちは皆優勝を経験している。ようやくウィナーのリストに自分の名前を書き加えることができて、非常に誇らしく思う一方でとても厳粛な思いも抱いている」

「このウィークエンド、マクラーレンは絶好調だったし、ノートラブルでリラックスできたことがとても良かったと思う。レースの大部分は僕のペースで進めることができて、後方とのギャップを余裕をもって維持することができた。最後はペースを緩めていたが、セルジオ・ペレスがフェルナンド・アロンソをパスしたと知らされて以降は、リードを守るために少しプッシュしたよ」

「ジェンソンはついてなかったね。ワンツーのままフィニッシュできていれば素晴らしい結果だったのに惜しいよ。チャンピオンシップの行方はますます予想困難になったが、強力なマシンを与えられてタイトルを争う立場にいられることをとてもうれしく思っている。カレンダーにはまだレースが7回も残っているからね。今日はこの勝利を喜ぶことにするけど、実は小さな一歩でしかないこともわかっている。明日からはシンガポールに備えてまた新たな努力をスタートするよ」

2位
セルジオ・ペレス(ザウバー)
「とても楽しいレースだった。十分なペースが出て、積極的にアタックできたからね。一生懸命頑張ってくれたチームに報いることができてうれしくも思っている。この素晴らしいチームは僕の誇りだよ!」

「ハードタイヤでスタートした最初のスティントは楽ではなかったけど、ストラテジーとしては正しかった。タイヤが突然ドロップしないか心配で、その場合は即座にストラテジーを変更する構えでチームとは常に無線でやりとりを続けていた。もうひとつの不安はハードタイヤのウォームアップにかかる時間だった。結果的にタイヤストラテジーは成功し、好きなだけスティントを引き伸ばすことができた」

「2回目のスティントは一転して最大限の力でアタックしたが、僕がオーバーテイクしたドライバーが皆フェアに戦ってくれたことが嬉しい。つねにぎりぎりではあるんだけど、必要最低限のスペースは必ず残してくれた。F1はこうあるべきだと思ったよ」

3位
フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
「タイトルを考えると、ハッピーエンドの映画みたいなパーフェクトな日曜日だった。自分がポディウムに入れて、直近のライバル3人すべてがノーポイントでタイトルレースのリードを広げられたからね」

「僕自身はフェラーリが予選でも強いと確信しているから、昨日みたいなトラブルがあって及ばないケースは別として、この先すべての土曜日で有利なグリッドを掴めると思っているし、シーズン終盤ではこれが非常に重要なポイントになるとも思っている。レースをもう何戦か優勝して、ポイントのリードを守ることが重要だ」

「ここモンツァではベッテルが警戒すべき相手だったが、次のシンガポールではタイトル2位に浮上したハミルトンから目が離せないだろう。ベッテルとは、バトルになったと思った瞬間にコース外にはじき出されてしまい、以後マシンの調子が悪いままだった。グラベルに突っ込むのは気持ちの良い経験じゃないけど、数周後には抜き返すことができたのは良かった」

「彼のペナルティについてはコメントしたくないが、彼の動きはリミットぎりぎりだったとは思っている。今日のレースを決めたのはスタートからの数ラップだったと思う。キミとディレスタと、ミハエルをパスして気がついたら6番手で、レースを非常に有利なポジションまで進めることができた。モンツァでフェラーリのためにレースして、結果ポディウムに立つというのは特別な経験だ」

「赤いF1マシンでドライブすることも特別なら、声援を送ってくれるファンも特別な存在だ。何日か食事を抜いたらフェラーリをドライブさせてやると言われたら、彼らは本当にそうしかねないし、それこそがフェラーリが特別な存在である証なんだ」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6938148/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-00000031-rps-moto

Theme:F1GP 2012
Genre:車・バイク

【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!
NO.664 *F1 *comment(0) *trackback(0)
2012-09-10 Mon 11:46
プリウスがF1のようにハンドルから手を離さずパドルでシフトできちゃうアイテム発見!

ハイブリッドカーって、アクセルOFFのときのエンジンブレーキの利きがあまりよくないですよね。だから、「D」レンジのほかに、エンジンブレーキがよく利く「B」レンジがあるわけです。ただ、そのためにハンドルから手を離してシフトチェンジするというのもちょっと手間がかかります。もっと手軽にエンブレを利かせられればいいのに、と思っているオーナーさんも多いでしょう。

プリウスの「D」レンジでアクセルを抜くだけだと、意外とエンジンブレーキは利いてくれないものです。

それならば、OGSが現行型プリウス(ZVW30)用に発売しているマルチファンクションパドルシステムはいかがでしょうか? 一部の車種には純正でも採用されていますが、ハンドルについたレバー(パドル)を操作することで、シフトチェンジができてしまう装置、発端はF1マシンやレーシングカーですが、要はロスがなくて便利なアイテムって事ですね。このパドルシステムをつければ、ハンドルから手を離すことなく、「D」レンジと「B」レンジ、そして「N」(ニュートラル)の切り替えができるというわけです。

ハンドルのすぐ前にあるのがパドルです。指を伸ばせば届きますが、通常のハンドル操作で邪魔になることはありません。

また、このマルチファンクションパドルシステムは、「マルチファンクション」という言葉のとおり、ほかにも機能があります。そのひとつが純正のオートクルーズ機能を操れること。「G」グレードにしか標準装備されていないオートクルーズ機能ですが、「S」グレードや「L」グレードでも使えるようになってしまうんです(※信号配線の確認が必要)。さらに、別売りのオプションハーネスを使えば、同社が発売しているスロットルコントローラー「TC−S」とも連動が可能。これを使えばパドル操作で、TC−Sのオートクルーズ機能が使えるようになります。というのも、純正のオートクルーズは“時速40〜100キロちょい”でしか使えませんが、「TC-S」の場合“時速60キロ〜上限設定なし”と、これまた便利なオートクルーズ機能が備わっているんです。

装着状態(左)。こちらはBに入れる「シフトダウン」側

実際に使ってみると、とっても楽なのに気付きます。ノーマルのシフトレバーは、20系から引き継ぎ、単に電気的スイッチなのに従来の“ジドウシャ”のような操作が個人的に気になってたんですが、これなら文字通りスイッチ操作でシフトできます。ハンドルから手を離さないってことは、サッとシフト操作をしたいときも便利だし、安全面にも役立つというのがよくわかりました。

右側は「シフトアップ」。装着状態はとても自然です

取り付けはカプラーオン。配線加工や穴開けなどは不要です。価格は3万9,900円。お問い合わせは、OGSのお客様相談室まで(TEL:03-3438-4113)。また、下の動画でも製品の特徴を見ることができますよ。

動画を見るにはこちら

■マルチファンクションパドルシステム(オージーシステム)
http://ogs-japan.com/product/mfps.html

■TC-S(スロットルコントローラー・バージョンS)(オージーシステム)
http://ogs-japan.com/product/tcs.html

(まめ蔵)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
奥さんも喜ぶ!いま買い時の低燃費新車ランキングベスト5総額1億5千万円!【Forza Horizon】のデモ版に登場する魅惑のクルマとは。プリウスPHVは「完成された進化途上のクルマ」でした!【プリウスPHVで1000キロ走行・その12】

http://news.livedoor.com/article/detail/6936317/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

レイルヨーロッパジャパン、“ロンドン・パリ鉄道旅行”をプレゼントするウェブキャンペーンを開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-00000002-inet-inet

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 02:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。