2012年09月02日

マルシャがウィリアムズ製KERS搭載へ

写真拡大マルシャのマリア・デ・ヴィロータ(2012年7月) 写真一覧(2件)マルシャは2013年からウィリアムズ製の運動エネルギー回生システム(KERS)を搭載することを決めた。

マルシャ技術顧問のパット・シモンズの談話によれば、エンジンは4シーズン目もコスワースを使うということだ。

「ウィリアムズは昨年はコスワースに、今年はルノーのエンジンにKERSを装備しました。来年からわれわれが使うシステムはそれらの改良型です。効率や重量などウィリアムズの技術はとても魅力的です。技術面、商業面でのパートナーとしてウィリアムズは理想的だということでもあります」

今シーズンKERSを装備していないF1チームはマルシャとHRTの二2チームだけで、すでにウィリアムズやロータスはコスワースからルノーエンジンへのスイッチを終えているが、可能な限りはイギリス製V8エンジンでがんばり続けたいというのがシモンズの考えのようだ。
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6905708/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

マルシャがウィリアムズ製KERS搭載へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120830-00000050-rps-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 20:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。