2012年08月28日

マクラーレン X-1、究極のワンオフモデル発表

写真拡大マクラーレン X-1 写真一覧(9件)英国のマクラーレンオートモーティブは8月17日、米国カリフォルニア州で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、コンセプトカーのマクラーレン『X-1』を初公開した。

ペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、世界有数のクラシックカーの一大イベント。2011年はレクサスが新型『GS』、日産自動車の高級車ブランド、インフィニティが新型クロスオーバー、『JXコンセプト』をワールドプレミア。富裕層が多く集まるイベントだけに、新車発表の機会も多い。

今回、マクラーレンがワールドプレミアしたX-1は、マクラーレン社内のMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が手がけたコンセプトカー。スーパーカーの『MP4-12C』をベースに、究極のワンオフモデルを完成させた。

MP4-12Cがベースとはいえ、ボディは完全な新設計。1950‐60年代のクラシックカーのモチーフを、デザインに取り入れた。マクラーレンによると、当時のフロントエンジン車のデザインを、ミッドシップ車のX-1に反映させる点に最も苦心したという。

ボディサイズは、全長4658×全幅2097×全高1199mm。MP4-12Cと比較すると、110mm長く、190mmワイド。全高は変わっていない。車両重量は、およそ1400kg。

エンジンやシャシーなど、運動性能の基本部分はMP4-12Cと共用。ミッドシップに収まる3.8リットルV型8気筒ツインターボユニットは、最大出力625ps/7500rpm、最大トルク61.2kgm/3000‐7000rpmを引き出す。

X-1はマクラーレン英国本社で最終テストを受けた後、顧客に引き渡される予定。MSOのポール・マッケンジー氏は「すでにマクラーレン『F1』やMP4-12C、メルセデスベンツ『SLRマクラーレン』を所有しているある顧客の、個性的な車を、という要望に応じて開発したのがX-1」とコメントしている。
《レスポンス 森脇稔》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6871489/
※この記事の著作権は配信元に帰属します

写真で見るフェラーリ「カリフォルニア 30」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120821-00000009-impress-ind

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 00:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。