2012年07月29日

ベッテル「エンジンマップ規制の影響はない」

写真拡大セバスチャン・ベッテル(レッドブル)参考画像 写真一覧(3件)レッドブルのセバスチャン・ベッテルは、FIAのエンジンマップ規制厳格化にともなうレッドブルへの悪影響は限定的だと主張する。

ドイツGPのレース当日午前、レッドブルチームがスチュワードの呼び出しを受けて特異なエンジン特性の釈明を求められたのは、FIA技術代表ジョー・バウアー個人の疑念がきっかけだった。

「色々と議論があったことは知ってるし前回の、ドイツGPの土日はチーム内に相当な混乱もあった。あと数時間でレースという段階でどうなるかと思ったが幸いレースにはスタートできた。おそらく関連した動きはこれからもあるだろう。ただ、僕としてはエンジンマップはそんなに大騒ぎされるような代物じゃないと思っているよ」

「ご存知の通り、去年と今年のマシンはエキゾーストの取り回しがレギュレーション規制によって大きく変わっている。どのチームも去年と同等の効果を得るために知恵を絞っている。今回ひとつの手段は封じられたかも知れないが、それでマシンの性能が激変するというわけでもない。おそらくほとんど変化はないだろうと僕は思う」

「ホッケンハイムでは最も効果的だと思う手段を使ったが、ハンガリーでは別の方法を取らざるを得ないだろうね」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

http://news.livedoor.com/article/detail/6802576/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。

ハミルトン「この調子でいけば選手権で巻き返せる」マクラーレン土曜コメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120729-00000027-rcg-moto




【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 21:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。