2012年07月22日

アロンソが2戦連続で雨中のPP、小林13位 ドイツGP予選

 F1世界選手権シリーズ今季第10戦・ドイツGPは21日、ホッケンハイムリンク(1周4.574キロ)で24台が参加して公式予選を行い、フェルナンド・アロンソ(スペイン=フェラーリ)が1分40秒621で今季2戦連続2度目、通算22度目のポールポジション(PP)を獲得した。
 昨季覇者で地元ドイツのセバスチャン・フェテルが2位、前戦・英国GPを制したマーク・ウェバー(豪州)が3位とレッドブル・ルノー勢が続いた。ウェバーは午前のフリー走行を前にギアボックスを交換しており、決勝スタート順は5番手降格のペナルティーで8番手発進となる。
 4位のミヒャエル・シューマッハー(ドイツ=メルセデス)、5位のニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ=フォースインディア・メルセデス)らは、決勝スタート位置がそれぞれ1つ繰り上がる。
 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)は13位だった。
 予選1回目は曇りで、乾いた路面で行われ、小林は1分16秒481の12位で通過。しかし2回目は開始前に降り出した雨がだんだん強くなり、早めにタイムを出した者が上位につけた。小林は1分39秒985で、上位10台による3回目への今季2戦ぶり4度目の進出はならなかった。
 3回目は2回目より雨が弱くなったが、路面にたまった水で何台もがコースを外れる状態の中で行われた。
 決勝は22日午後2時(日本時間同9時)から、67周で行われる。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6779381/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000000-rps-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。