2011年12月07日

マクラーレンは走りませんでしたが、メガウェブはモータースポーツでいっぱいでした! 「MEGA WEBフェスタ」

“マクラーレンホンダが走ります!週末はモータショーのついでにメガウェブへ!”で紹介しました、マクラーレンホンダのデモランを見にメガウェブへ出かけました。

デモ走行開始時間になんとか辿り着くとホンダ―V12のサウンドが聞こえます。…が、Maclaren MP4/6だけ向きが逆に停まっています。ナンデ?




F4からデモランを始め、Fニッポン、787B、トヨタ7、LOTUS88迄走ったところで1回目のデモランが終了。カメラを最大望遠にしたところ…あれ、左のフロントがない(滝汗 


そして思い出されるこの会話。
>川:あそこってF1には狭くないですか、恐くないんですか?
>宮:恐いですよ。すぐ壁ですし。・・・ですよねぇ。ある意・・・

…Oh My GOD!

ちょっと気になるのが、タイヤがGOODYEAR。先日のイベントの時はAVON。勿論AVONの方が新しくグリップするタイヤの筈。ところが、よく見るとフロントウイングは無傷に見えます。2度目のデモラン前には、宮城さんも説明やエンジン始動/レーシングに登場していましたので、大事なかった様子です。車もコレクションホールのレストアスタッフの手に掛れば問題なくオーバーホールされる事でしょう。

また、このイベントではFT86関連のトークショーが幾つかあり、多田チーフエンジニアは出ずっぱり。

新車情報(関西育ちには?)でお馴染みの自動車評論家の三本さんとの回では「速すぎる」とか「日本に100km/h以上出せる道路は無い」とか、ほぼほぼ他の車は差し置いて“この機会に”的な苦言に苦笑い続き。

ラリードライバーのトークショーではラリーに使いたいとの意見も。新城ラリーにはミッドシップやFRもいましたので、N0(エヌゼロ)仕様ならロールケージも入っていますから足回りを変えて、ラリータイヤを履かせればすぐ参戦可能との現場からのご意見です。


次のトークショーではMCはDjのピストン西沢氏、ゲストはPWRCチャンピオンの新井敏弘選手とグランツーリスモのプロデューサーの山内一典氏。「頑張れ!モータースポーツ」と云うテーマでトークを展開。スーパー耐久だけでなく、昨年迄はシビック東日本シリーズに参加していたピストン氏、今年はニュル24時間レースにGT-Rで参戦、総合27位とクラス優勝を飾った山内氏、そして世界チャンピオンの新井氏。参戦経験豊富な彼らの話の中心は「シミュレーションは大切」

レッドブルを始め主要なF1チームのすべてのシミュレーターを経験済みの山内氏(凄過ぎ!)、シミュレーターに熱心でなかったベッテルにシミュレーションの大切さを説いたところ、昨年中盤から成績急上昇!ベッテルの好調さの原因の一つを紹介してくれました。

他にもランボルギーニ―の大展示会?等も開かれていた「MEGA WEBフェスタ ココロハコブプロジェクト」は12/3,4で終了しましたが、「お台場モータースポーツフェスティバル」は12/11迄“86(ハチロク)”試乗会を始め開催中です。“86(ハチロク)”は来年春発売ですから、ココでしか市場のチャンスはありませんよ〜。ゆりかもめで一駅、歩いても10分程度。「モーターショー詣で」と一緒に是非。




(川崎BASE)
「お台場モータースポーツフェスティバル」のHPはコチラ
メガウェブのHPはコチラ





http://news.livedoor.com/article/detail/6095093/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ライコネンのチームメート、候補者は4人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000006-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 04:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。