2012年07月22日

アロンソ今季3勝目、小林自己最高タイの5位 ドイツGP決勝 F1

 F1世界選手権シリーズ今季第10戦・ドイツGPは22日、ホッケンハイムリンク(1周4.574キロ)で24台が出走して67周の決勝を行い、ポールポジションから出たフェルナンド・アロンソ(スペイン=フェラーリ)が1時間31分5秒862で第8戦・欧州GP以来の今季3勝目、通算30勝目を挙げた。今季、3勝目を挙げたのはアロンソが初めて。
 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)は自己最高タイの5位入賞を果たした。
 2位に昨季覇者で地元ドイツのセバスチャン・フェテル(レッドブル・ルノー)、3位にジェンソン・バトン(英国=マクラーレン・メルセデス)が続いたが、残り1周あまりでフェテルがバトンを抜いた際、四輪すべてがコース外に出ていたため、大会審査委員会による審議の対象となっている。
 キミ・ライコネン(フィンランド=ロータス・ルノー)が4位、ザウバーのセルヒオ・ペレス(メキシコ)が6位、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ=メルセデス)が7位でゴールした。
 アロンソはスタートから安定したペースでリードを保った。終盤、2位に浮上したバトンの猛追を受けたがしのぎきった。バトンはその後、ペースを落として66周目にフェテルに抜かれた。
 12番手発進の小林は硬めのタイヤでスタート、タイヤ交換を遅らせて順位を上げ、終盤は軟らかめのタイヤでペースを上げて前走車を抜いた。5位入賞は昨季第6戦・モナコGP、今季第5戦・スペインGPに続く3度目。
 第11戦・ハンガリーGPは27〜29日、ブダペスト近郊のハンガロリンクで行われる。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6781060/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


アロンソが今季3勝目、可夢偉は自己最高タイ5位入賞=
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000002-spnavip-moto.view-000

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビデオ】オンボードじゃない! これがホントのF1ドライバー目線映像!!

写真拡大オンボードカメラがとらえた映像は、たしかにF1ドライバーの実際の視界に限りなく近いが、今回はF1ドライバーと100%同じ視界を味わえる映像をご紹介しよう。
この素晴らしい体験を私たちにもたらしてくれたのは、F1のタイヤサプライヤーであるピレリのテストドライバー、ルーカス・ディ・グラッシ。彼は目の位置にカメラがくる特殊なヘルメットを装着し、ベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットでテスト走行を行った。カメラで一方の目が覆われてしまっているため、片目でハンドルを握り、時速270km以上を何度も出しているから驚きである。F1レーサーともなれば、毎週、この視界とスピードで他の23台と競い合い、雨が降れば、このテスト走行同様に水しぶきのあがる危険な状態で2時間近くを走り続けることになる。

では早速、ビデオでF1レーサー気分を体験してほしい。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
【ビデオ】"運転中のメールは危険!" を実感できる凄いビデオ!!【ビデオ】小型オンボードカメラの超臨場感あふれる3本の映像!【ビデオ】クラッシュの一部始終をオンボードカメラがキャッチ!


http://news.livedoor.com/article/detail/6780508/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


アロンソ「サバイバル競争の末に獲ったPPは格別」フェラーリ土曜コメント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000025-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロンソが2戦連続で雨中のPP、小林13位 ドイツGP予選

 F1世界選手権シリーズ今季第10戦・ドイツGPは21日、ホッケンハイムリンク(1周4.574キロ)で24台が参加して公式予選を行い、フェルナンド・アロンソ(スペイン=フェラーリ)が1分40秒621で今季2戦連続2度目、通算22度目のポールポジション(PP)を獲得した。
 昨季覇者で地元ドイツのセバスチャン・フェテルが2位、前戦・英国GPを制したマーク・ウェバー(豪州)が3位とレッドブル・ルノー勢が続いた。ウェバーは午前のフリー走行を前にギアボックスを交換しており、決勝スタート順は5番手降格のペナルティーで8番手発進となる。
 4位のミヒャエル・シューマッハー(ドイツ=メルセデス)、5位のニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ=フォースインディア・メルセデス)らは、決勝スタート位置がそれぞれ1つ繰り上がる。
 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)は13位だった。
 予選1回目は曇りで、乾いた路面で行われ、小林は1分16秒481の12位で通過。しかし2回目は開始前に降り出した雨がだんだん強くなり、早めにタイムを出した者が上位につけた。小林は1分39秒985で、上位10台による3回目への今季2戦ぶり4度目の進出はならなかった。
 3回目は2回目より雨が弱くなったが、路面にたまった水で何台もがコースを外れる状態の中で行われた。
 決勝は22日午後2時(日本時間同9時)から、67周で行われる。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6779381/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000000-rps-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロンソPP、小林13番手 F1ドイツGP予選

 【ホッケンハイム(ドイツ)共同】自動車のF1シリーズ第10戦、ドイツ・グランプリ(GP)は21日、ホッケンハイムで予選を行い、フェラーリのフェルナンド・アロンソ(スペイン)が2戦連続、通算22度目のポールポジション(PP)を獲得した。ザウバー・フェラーリの小林可夢偉は13番手だった。2番手はレッドブル・ルノーのセバスチャン・フェテル(ドイツ)。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6779409/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


S.ベッテル「ポールを獲るだけのペースはあった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120721-00000118-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。