2012年07月05日

マルシャのデ・ビロタ、テスト走行中の事故で右目を失明

マルシャのデ・ビロタ、テスト走行中の事故で右目を失明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000033-jij_afp-spo



【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

小林可夢偉「シルバーストーンは『特別な何か』を可能にする」

写真拡大小林可夢偉・ザウバー(F1 ヨーロッパGP 2012) 写真一覧(3件)バレンシアのクラッシュでイギリスGPで5グリッドダウンのペナルティを受けた小林可夢偉だが、シルバーストーンで『特別な何か』が起きると信じている。

「それでもイギリスGPへの期待は変わらない。シルバーストーンは僕の大好きなサーキットだからね。ザウバーはこれまでも中高速コーナーを得意としてきたが、C31からは低速コーナーの性能も上がっているから、シルバーストーンの2010年に新設された部分も問題なくこなすことができるだろう」

「ペナルティのおかげでグリッド降格が決まっているけど、レースには十分期待が持てると思う。イギリスGPでは何か特別な結果が出せると信じているし、あと少しだけ運が向いてくれれば…という期待もある」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6725547/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【グッドウッド12】インフィニティ FX ベッテル、1250万円のスーパーSUVが初走行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000051-rps-ind

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクラーレン、開閉式ルーフを備えたオープントップ・モデル「MP4-12C スパイダー」を発表!

マクラーレンは3日、自社開発のスーパーカー「MP4-12C」に予てから噂されていたオープントップ・モデル「MP4-12C スパイダー」を追加すると発表。その概要と画像を公開した。
F1で数々の栄冠を手にしたマクラーレンが、これまでレースで培ってきたテクノロジーを投入して開発した公道用市販スポーツカー「MP4-12C」。そのルーフを開閉式にして、風と陽光とV8ツインターボの咆哮を直接感じることが出来るオープンカーとして仕立てたモデルが「MP4-12C スパイダー」だ。イギリス車なら「ロードスター」と呼びたいところだが、マクラーレンではイタリアン・メーカーがよく使う「スパイダー」の方を採用することにしたようだ。ちなみにオープントップ・スポーツカーの名称として使われる「スパイダー(Spider)」という言葉だが、ルーフのないスタイルが蜘蛛のように低く地に這うような姿に見えるからという語源の他に、「速いもの」という意味の「スピーダー(Speeder)」が変化したという説もある。



注目の開閉式ルーフには、布製のソフトトップではなく、ハードトップ(材質については今のところ未発表)を採用。シート後方のトノカバーが上に跳ね上がり、前後に2分割されたルーフが折り畳まれて収納される(閉じるときには逆に、畳まれたルーフが展開して前方に伸び、ウインド・スクリーン上端と接合する)という仕組みである。このRHT=リトラクタブル・ハード・トップは、センター・コンソールに設けられたスイッチで開閉し、その所要時間は17秒以下。30km/h以下のスピードなら走行中でも操作できる点が、フェラーリの「458 スパイダー」と違うところだ。トノカバーが設置されたことにより、エンジン観賞用のグラス・スクリーンがクーペよりも小さくなっている。ルーフを閉じれば、このトノカバーの下は容量52リッターの荷室となり、そこにぴたりと収まるようにデザインされた特製の鞄が標準で付属する。

クーペから大きく変更されたCピラーには、横転時に乗員を保護するパッシブ・ロールオーバー・プロテクション・システム(受動横転保護装置)が組み込まれ、内部の鉄製構造体が衝撃を吸収すると仕組みになっているという。その間にあるリア・ウインドウは、ルーフと独立して電動で格納可能。オープン時に上げれば、後ろから巻き込む風を防げるし、逆にこれを降ろした状態でルーフを閉じれば、キャビンに流れ込むV8ツインターボ・サウンドを楽しむことが出来る。



MP4-12Cの特徴でもあるシャシーは「モノセル」と呼ばれるカーボンファイバー製のバスタブ型モノコックだが、これは最初からオープントップ・モデルを想定して設計されているので、ルーフを切り離すことよる剛性低下や、それを補強するための重量増加が生じないという。だからMP4-12C スパイダーはオープン・モデルとしては軽く仕上がっており、車両重量はクーペと比べると、ルーフ開閉機構の分、40kg重くなっただけ。ということは1,376kg前後になるだろうか。



パワートレインはクーペ・モデルのMP4-12Cと共通。M838Tと呼ばれる排気量3,799ccの90度V型8気筒ツインターボ・エンジンは、最高出力がこれまでの600psから2013年型では(クーペも)625psに引き上げられた。7速「SSG」デュアル・クラッチ式トランスミッションと共にミドシップ・マウントされ、後輪を駆動する。0-100km/h加速3.1秒、EU基準のモード燃費11.7リッター/kmという数値もクーペと変わらず。最高速度は4km/hほど低く、329km/hと発表されている。



本国イギリスでの価格は19万5,500ポンド(約2,450万円)から。クーペ・モデルのMP4-12Cよりも1万9,500ポンド(約245万円)ほど高い設定だ。日本では3,000万円オーバーになるだろうか。もちろん豊富なオプションを追加して自分好みの仕様を注文すれば、支払う金額はこれより遙かに高くなる。マクラーレンの公式サイトではコンフィギュレーターが用意されているので、購入を考えている方・夢見る方は、1度試されてみてはいかがだろう。ちなみにマクラーレンの正規販売店で実際にオーダーするときにも、ボディ・カラーや内装の見本を見ながら、これと同じコンフィギュレーターを使って仕様を決めるそうだ。MP4-12C スパイダーの納車は今年の11月頃から始まる見込みで、すでに日本でも購入を希望されている顧客から予約注文を受け付けているとか。
コンフィギュレーターは以下のURLからどうぞ。

McLaren MP4-12C Spider configurator

Gallery: McLaren MP4-12C Spider


【PR】MP4-12C スパイダーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの買い取り価格を調べてみよう!すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
【レポート】「MP4-12C スパイダー」に画期的なルーフ格納システムが採用!世界に1台の「ランボルギーニ・アヴェンタドール J」を、805馬力にチューニング!?【ビデオ】フェラーリ「458イアリア・スパイダー」は回転式ハードトップに決定!


http://news.livedoor.com/article/detail/6722904/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


シューマッハーの去就は6週間以内に決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000005-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビデオ】新型スポーツカー、ジャガー「Fタイプ」の迫力サウンドを再度チェック!

写真拡大今回はテストコースを疾走するジャガー「Fタイプ」の映像をお届けしよう。以前にもご紹介したこのビデオは、元F1ドライバーのマーティン・ブランドル氏がジャガーのチーフエンジニア、マイク・クロス氏がハンドルを握る同車に同乗し、レポートしたものだ。
この試乗レポートでは、クロス氏からFタイプの詳しい情報を聞き出すことは出来なかったが、特筆すべきは映像内のサウンドだ。385psスーパーチャージャーつきコンバーチブルの迫力サウンドには誰もがうなされるはず。カモフラージュは付いているものの、爆音を轟かせるFタイプの雄姿に思わず魅了されてしまう。

Fタイプは6月末、イギリスで開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで公式デビューを飾ったばかり(カモフラージュ付きだが...)。素晴らしいサウンドを奏でながら丘を攻める姿はさぞ会場の注目を集めたに違いない。それではFタイプの迫力あるサウンドをビデオでもう一度堪能しよう。

Gallery: Jaguar F-Type Teaser Photos




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】WRX Fタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
【ビデオ】現代の車と比べても遜色なし! 86年製の初代「M5」をチェック!!【ビデオ】ジャガーの新型スポーツカー「Fタイプ」が来年発売!「スバル BRZ」のボクサー・サウンドが聴けるビデオ&GT参戦ドライバーによる試乗ビデオ!


http://news.livedoor.com/article/detail/6722186/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


クラッシュで重傷と報道のデ・ビロタ、意識はあるも医療活動は継続
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00000001-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ライコネン「これだけでは満足できない」

写真拡大キミ・ライコネン(ロータス) 写真一覧(6件)期待値以上のシーズンを経験しつつあるキミ・ライコネン(ロータス)だが、「今はレースに優勝できなかったことが不満だ」と率直な気持ちを吐露している。

ライコネンがF1カムバックを決めたチームがロータス(旧ルノー)。チームが2011年の終わりの時点で決して好調ではなかったことから、彼が復帰シーズンに優勝する可能性は元から小さいと考えられていた。ところがロータスのポテンシャルはみるみる増大し、いつレースに勝っても不思議ではない状況が出来上がりつつある。チャンスが目の前で膨らめば彼自身の欲求もまた膨らむということのようだ。

「開幕前の僕だったら、ポディウムに立てたらラッキーだと答えていたよね。でも何回か良いレースを経験すると、もう不満が出てくるんだよ。最近の2戦か3戦のリザルトは、僕の期待には届いていない。決して悪いリザルトではないかもしれないが、優勝じゃないから僕は不満だ。全ての条件をまとめ上げれば勝利は手に入ると僕は思っている」

来るイギリスGPへの抱負としては、2009年以来久しぶりにシルバーストーンで走るのを楽しみにしていると案外控えめな答えが返ってきた。

「初めてドライブしたとき、正に僕の好みのサーキットだと感じた。超高速でドライバーの技量を要求するコースで、コーナーは流れるように滑らかだ。ロングコーナーにいかに取り組むかと、ダウンフォース量の加減が勝敗を決する。デビュー以来何とかかんとか上手くやって来れたという思いはある。新設セクションがラップ全体にどう影響するかは見物だけど、僕自身はすぐに順応できると思うよ」

「シルバーストーンで勝ったときの満足感は何物にも代えがたい。全てを正しくこなして初めて手に入る勝利だからだ。フォーミュラ・ルノー時代と2007年にフェラーリで優勝したことがある。もう一度ここで優勝できたら素敵だね。今度はファクトリーも車でちょっとの距離だから、祝勝パーティもすぐに準備できるし(笑)」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6721276/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


マルシャのテストドライバーがテスト走行でクラッシュ、重体との報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000011-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あのレッドブルが夢をサポートしてくれる『翼をさずけるキャンペーン』を実施。ドリーマーは即ツイートすべし!!

F1や飲むと翼をさずけてくれるCMでおなじみのエナジー・ドリンクブランドの『レッドブル』。
そのレッドブルが特設サイト(http://worldofredbull.jp/#cp)にツイートした夢や目標、挑戦などのなかから審査によって選ばれた1名の情熱をサポートする『翼をさずけるキャンペーン』を8月31日まで開催しています。

先に書きましたがレッドブルのブランド・スローガンは「レッドブル翼をさずける」。まさに、あなたの夢をレッドブルが実現するため翼(=サポート)をあたえてくれるキャンペーンです。




このキャンペーンは期間内に特設サイト、またはiPhoneなどのモバイル広告“iAD”からレッドブルに翼をさずけてもらいたいような夢、目標、挑戦などをツイート。そのなかからRed Bull Japanが1日に1〜2つを選考しリツイートし、期間中に選ばれたツイートのなかから最終審査を行ったうえで1名の夢を実現すべくレッドブルがサポートをおこなうものです。



「でも、オレの夢はビッグすぎて難しいはず」と心配するあなた、ご安心ください。夢、目標、挑戦の内容については金額などについては設定していないとのこと。その内容に応じて実現可能なサポートを行ってくれるようです。

レッドブルは現在まで8カ国で『翼をさずけるキャンペーン』を実施したことがあります。また今年末までに22カ国で同様のキャンペーンを“それぞれの国であった方法”で行うとのこと。

翼をさずかりたいアナタはダッシュで夢をツイートしてみてください!

【クリッカー編集部】
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6719691/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


フェラーリ会長、「フェラーリ列車」で欧州の高速鉄道復興を促す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000015-cnn-int

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

著名人たちがEURO決勝で「イタリア…何があった?」「スペインは歴史をつくった」

スペインがイタリアに4−0と大勝し、史上初の連覇を飾って終わったEURO2012。1日の決勝では、多くの著名人が『ツイッター』で試合についてコメントしている。

●ボリス・ベッカー(元テニスプレヤー)
スペインが3−0とリードして
「イタリア…何があった?」

●マルコ・マテラッツィ(元イタリア代表)
「いずれにしても、選手たちを称えよう。彼らはオレたちに夢を見させてくれたんだ!!! 彼らがしてきたことを誇らなければいけない。ありがとう。胸を張れ」

●エンツォ・マレスカ(マラガMF)
「心からイタリア代表を称えよう。君らのことを誇りに思うよ! ありがとう!」

●ヴァレンティーノ・ロッシ(バイクレーサー)
「いずれにしても、選手たちは素晴らしかった。最高のEUROだったよ。君たちはずっと楽しませてくれた。頑張れ、イタリア」

●アレッシオ・チェルチ(フィオレンティーナMF)
「敗北はサッカーの一部だ。とにかく、相手はフェノーメノ(怪物)たちのチームだった。みんな、お疲れさま!」

●ジュゼッペ・ロッシ(ビジャレアルFW)
「チームメートたちのことをこの上なく誇りに思う。彼らはこの1カ月、僕らに素晴らしい気持ちを味わわせてくれた。だからこそ彼らに言いたい…ありがとう」

もちろん、主要大会3連覇という偉業を達成したスペインには、賛辞の言葉が寄せられている。

●トム・ハドルストン(トッテナムMF)
「すべてスペインの功績だ。ファイナルで素晴らしいパフォーマンスだね! (アンドレス・)イニエスタ=魔術師、シャビ=独裁者だ。今季、FWゼロで戦ったチームがどれだけいることか?」

●パウ・ガソル(NBAプレーヤー)
「僕らがチャンピオンだ! 僕らの国(スペイン)にとって、素晴らしい快挙だよ! この瞬間、僕らは歴史をつくったんだ」

●フェルナンド・アロンソ(F1レーサー)
「グラシアス、エスパーニャ!!! 怪物だ!!! イタリアも素晴らしい大会だった!!」

●レブロン・ジェームズ(NBAプレーヤー)
「本当に、スペインはイタリアには強すぎた!」

●ダビド・ビジャ(バルセロナFW)
「ほかになく、繰り返すこともできない、歴史的だ…エスパーニャ!!!」

●ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティDF)
「2008年、2010年、2012年! スペインは世界のサッカーを支配している。この比類ないチームの一員に、ダビド(・シルバ)がいることをうれしく思う」

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6713815/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


練経、上半期PVランキング−1位は豚骨ラーメン店「練馬一矢」 /東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000051-minkei-l13

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一を決めるゲーム大会「Red Bull 5G」が初開催決定!賞品はF1観戦ツアーとレッドブル1年分

写真拡大 飲料メーカーのレッドブルは、日本一のゲームプレイヤーを決める大会「Red Bull 5G」を初開催すると発表した。

ゲームのジャンルは、「格闘」「FPS」「ドライビング」「スポーツ」「フリージャンル」の5つ。ソフトは、格闘が「ストリートファイター X 鉄拳」、FPSが「バトルフィールド 3 Close Quarters」、ドライビングが「グランツーリスモ 5」、スポーツが「FIFA 12」、フリージャンルが「ぷよぷよ!!」を使用する。

参加登録の受付は8月17日より公式サイト上で開始する。10月からオンライン予選、オフライン予選が始まり、12月9日に東京・渋谷で各ジャンルの東日本代表と西日本代表が対戦する決勝戦を行う。

優勝者は、2013年F1日本グランプリ観戦ツアーとレッドブル1年分がプレゼントされる。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6712682/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


風間兄“父子鷹初陣”名刺代わり弾!弟もトップ下で存在感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000028-spnannex-socc

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

ロンドンGPが実現に向け加速

写真拡大バーニー・エクレストン(参考画像) 写真一覧(2件)バーニー・エクレストンがロンドン・シティ・センターでF1を開催するならその費用を負担すると提案している。ロンドンGPの構想は2004年に一度話題となったことがあり、今回はオリンピックスタジアムの周囲を走る計画をロンドンにある一企業が提案したことで再浮上した。

ロンドンでF1イベントを開催する費用は3500万ポンド前後と予想されるが、来年開催予定のニュージャージーGP同様にグローバルな訴求力は疑問の余地もない。想定する観客数は12万人で、ロンドン市にもたらす経済効果は1億ポンド程度と見積もられている。

エクレストンは、「経済の現況を考えれば計画をわれわれが主導しながら資金を提供しても良いと考えている。認可が得られ、全てが順調に推移したなら、われわれは計画をスタートさせることになる。観光産業への影響は計り知れない。ロンドンにとってもイギリスにとってもオリンピックなど比較にならないほどのポジティブな影響があるだろう」 

尚、その市街地コースは先ほど女王在位60周年の式典が開催されたバッキンガム宮殿に面したポール・モールがスターティンググリッドになるだろう。レース周回数は59で、ラップタイムは1分34秒前後、トップスピードは時速290kmに達すると見積もられている。
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6707928/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


L.ハミルトン「マルドナードとの接触はもう終わったこと」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000112-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感涙のアロンソ、母国ファンへ贈るエール F1欧州GP

 【エキゾーストNOTE】“現役最強”のF1ドライバーが感涙にむせんだ。F1世界選手権シリーズ今季第8戦としてスペイン・バレンシアの市街地コースで行われた欧州GP。劇的な展開となった6月24日の決勝では、フェルナンド・アロンソ(スペイン=フェラーリ)が11番手発進から大逆転で優勝を果たした。厳しい経済状況に苦しむ母国のファンの前での勝利に、英雄の目からは熱いものがこぼれ落ちた。(只木信昭)
 ■スペイン人としての誇り
 「なんと言葉にすればいいのか分からない。素晴らしい気分だ」。母国優勝の感激をたずねられ、アロンソは声を震わせた。自身29勝目で、母国GPとしてはルノー時代の2006年にバルセロナ、カタルーニャ・サーキットでのスペインGPを制して以来の2勝目だが、今回は、より格別だったようだ。「母国GPで勝つというのは特別だ。6年前のバルセロナのことは、今でもはっきりと憶えている。今回、またそれができた。それもフェラーリという特別なチームでだ。グランドスタンドが(フェラーリのチームカラーである)真っ赤に染まり、多くのスペイン国旗も見えた。スペインのスポーツマンとしてとても誇りに思う。この感動に代えられるものはない」
 ■序盤、4位に浮上
 アロンソにとって今回の欧州GPは、前日までは満足のいくものではなかった。
 土曜日の予選では、2回目にわずか0秒004足りずに11位となり、上位10位までによる3回目への進出を逃した。抜きにくいとされるバレンシアのコースだけに、「いい結果を得られるとか、表彰台を争えるなんて思いもできない位置だった」。現実的な目標は入賞することだったと振り返る。
 それでも、あきらめることはなかった。スタートの際のタイヤを自由に選べる(予選3回目に進出した10台は、3回目でタイムを出したタイヤで決勝をスタートしなければならないが、11位以下にその縛りはない)ことを生かし、新品のオプション(2種類のうち軟らかい方のタイヤ。今回はソフトタイヤ)を装着。好スタートで、まず1周目に3つ順位を上げる。ニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ=フォースインディア・メルセデス)を抜くのに少々手間取ったが、12周目にアウトから並びかけてパス。最初のピットストップは15周終了時、再び新品のオプションに換えた。
 上位陣が最初のタイヤ交換を終えた22周目の時点でトップはポールポジションから出たセバスチャン・フェテル(レッドブル・ルノー)。2位にロマン・グロジャン(フランス=ロータス・ルノー)、3位にルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)。タイヤ交換前には、これに7番手発進の小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)が続いていたが、小林はピットストップのミスでタイムをロスして後退。可夢偉がいた位置にアロンソが浮上していた。
 ■SC後の急展開
 ここから事態は最初の急展開を迎える。28周目、ジャンエリック・ベルニュ(フランス=トロロッソ・フェラーリ)がヘイキ・コバライネン(フィンランド=ケータハム・ルノー)を抜こうとして幅寄せし、接触。コース上に破片が散らばったことでセーフティーカー(SC)先導、全コース追い越し禁止となる。各車はタイヤ交換のためにピットに入るが、このときマクラーレンはハミルトンのピット作業に失敗した。ジャッキが上がらずタイヤの交換で時間を大きくロスする間に、硬い方のプライム(今回はミディアムタイヤ)に換えたアロンソが先にコースに戻っていた。
 SCにより、フェテルがグロジャンにつけていた20秒以上の差も、グロジャンがアロンソにつけていた15秒以上の差も消えた。そしてレースが再開された34周目、アロンソはグロジャンに第2コーナーで外側から仕掛け、少し接触しながらも前に出た。「それからしばらくは、接触で車に問題が出るんじゃないかと心配で、チームに無線で確認してくれるように頼んだ。1周を走って、やっと大丈夫だと安心できたんだ」とアロンソ。
 その間に、さらに事態は急変する。再スタートで再び後続との差を広げようとしたフェテルは、アロンソがグロジャンを抜いた直後にスローダウン。コース脇に車を止めてしまった。脱いだグローブを悔しそうに側壁にたたきつけるフェテル。発電機のトラブルだった。
 赤く染まった観客席から大歓声がわき起こる。これでアロンソがトップに立つと、41周目、今度は追走していたグロジャンもストップしてしまう。フェテルと同じルノーエンジンの発電機トラブルだった。
 この時点で2位となったハミルトンとの差は約4秒。少しは余裕もできたように見えたアロンソだったが、実際には直後にタイヤの摩耗でグリップが落ち始めたという。前戦・カナダGPではレース終盤にタイヤのグリップを失い、一気にペースを落として順位を下げているだけに、悪夢再びか−。「『タイヤが終わってしまった。何とかしなきゃ』とチームに伝えたら、『ちょっと待て、後ろのペースも落ちている』と答えてきたんだ」とアロンソ。「しばらく様子を見てみたら、確かに後ろもペースを落としていた。そのまま様子を見ているうちに最終周になった」
 実際、ハミルトンはアロンソ以上にタイヤの摩耗が進み、タイムを落としていた。これが残り2周でのハミルトンとパストール・マルドナド(ベネズエラ=ウィリアムズ・ルノー)とのクラッシュ、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ=メルセデス)のF1復帰後初表彰台という最後のドラマにつながる。
 アロンソは振り返った。「SC中に3位に上がったと気づいたときは、『これでチェッカーフラッグなら表彰台に上がれる』と思った。その後、グロジャンを抜いて『今、レースが終わってくれないかな』と思っていたんだ。そしたらフェテルが止まって…。そこから先はすごく長かった」
 ■喜び分かち合う
 開幕以来、毎戦で優勝者の顔ぶれが変わってきた今季、初めて2勝目を挙げたドライバーとなったアロンソ。ドライバーズ・ポイントを111点とし、2位のウェバーに20点もの差をつけた。直接のライバルだったフェテル、アロンソが無得点に終わったこともあって、完全にチャンピオン争いをリードすることになった。
 トップでチェッカーを受けたアロンソは、コース脇にいたマーシャル(コース役員)から受け取ったスペイン国旗を手にクールダウン周回を開始。ところがグランドスタンド前で、やおら車を止めると、車から降りてきた。思いがけない“プレゼント”に大歓声を挙げるファン。国旗を客席に向かって振ったアロンソは、大歓声に応えて何度もガッツポーズを見せ、集まってきたマーシャルとともに記念撮影も行うなど、喜びをはじけさせた。
 クールダウン中に車を止めて降りてはいけないのだが、「突然、車に問題が生じて緊急停止するようにいわれた。レース中は大丈夫だったんだけどね」。どんな問題かと聞かれると「みんなと喜ぶことが第一だったので、なにが悪かったかは聞いてない」。おそらくトラブルは“方便”なのだろうが、そこを突っ込むのはヤボというものだ。
 そうやって5分ほど、ファンと喜びを分かち合った後、セーフティーカーに乗ってピットに戻り、表彰台へ。横に並んだのは2位のキミ・ライコネン(フィンランド=ロータス・ルノー)と3位のシューマッハー。いずれも世界王者経験者という“重量級”の顔ぶれだ。優勝チームを代表して表彰台に立ったのはアロンソの担当エンジニアで、シューマッハー、ライコネンのフェラーリ時代にも担当していたアンドレア・ステラ氏。チームの粋な計らいだった。
 ■表彰台上での感涙
 その表彰台でアロンソは、こみ上げる思いに目頭を押さえた。「感動したという意味では今までの優勝の中で最高だ」
 母国優勝は2度目だが、今回は前回以上の意味合いがあった。
 「今、スペインは経済危機にあり、多くの人々が苦しんでいる。グランプリ観戦に来るのも簡単じゃないんだ。車で長旅をしてきて、(費用を浮かすために)車の中で寝泊まりして、レースを楽しもうとしている家族連れもいる。それなのに昨日(土曜日=予選)は彼らが期待していたものを見せられなかった。だから今日は少しだけ、本当にほんの少しだけだけど、お返しができたと思う」
 ■厳しい経済状況
 もともとスペインでは、F1よりもスペイン選手が多く活躍している二輪のモトGPの方が人気が高かった。しかし、長らく王座に君臨していたシューマッハーを下してアロンソが2年連続王者となったことで、F1人気が沸騰。2008年から欧州GPがバレンシアで行われるようになり、バルセロナでのスペインGPと合わせて国内で年間2戦が開催されるようになった。だが経済危機が起きると、バレンシアでのGPは危機に陥った。原則である年間1国1開催に戻すべく、バルセロナとバレンシアの間では交代開催の交渉が進み、来年はバルセロナだけで開催されることが、ほぼ決まっている。
 バレンシアは初開催の08年には11万人以上の観客動員を誇ったが、経済危機の波の中でここ数年の動員は減少。今回はスタンドの収容人員も昨年の6万5000から4万5000に縮小されたが、それすら開幕1週間前の入場券販売数では8割方しか埋まっていない状況だった。
 加えてF1開催に反対するバレンシアの市民団体が、公道を利用することで公共交通機関まで止まるなど市民生活に支障を来すと主張。「一部の人しか利益を得られないのにファンタジーのようなコストをかけている」とし、欧州GP直前にはアロンソ宛の公開書簡で「ヘルメットを脱ぎ、(市民が受けている)不名誉や不便、困難に気づきなさい」と訴えていた。
 ■母国の人々へ贈る言葉
 アロンソのインタビューでの言葉は、そんな反対派への答えも兼ねていたのかもしれない。
 決勝の前日(23日)には、サッカー欧州選手権の準決勝でスペインがフランスを破り、国民に大きな喜びを与えていた(スペインはその後、ポルトガルをPK戦で下して決勝進出)。2週間前にはテニスのラファエル・ナダル(スペイン)が、全仏オープンで史上最多7度目の優勝を果たしている。
 「母国のファンから受けている支援や、彼らが今直面している困難や不安を思うと、ナダルやサッカーの代表と同様に何かをしなければならないと思う。だから今日は、とても感動的なんだ」とアロンソ。
 困難な状況にあるとき、人々を勇気づけられる。それこそがスポーツがもつ偉大な力だ。
 アロンソは、こうも口にした。「きょう(日曜)の午後2時(決勝スタート時間)まで、僕にとっては、とてもよくない週末だった。しかし今は素晴らしい週末になった。常に心しておくべきことは、決勝の最後の周が終わるまで、積極的に、自分を信じていなければいけないってことだ」
 それは経済危機に苦しむ人々に贈る、励ましの言葉のようにも聞こえた。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6711673/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


感涙のアロンソ、母国ファンへ贈るエール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000529-san-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1ルノースポール、オルタネータトラブルの原因究明が難航

写真拡大レッドブル(2012年・ヨーロッパGP) 写真一覧(6件)ルノースポールは、ヨーロッパGPのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)とロマン・グロージャン(ロータス)のリタイアは、いずれも発電機の故障が原因と認め公式に謝罪したが、ユニットの故障の根本原因はまだ判明していないと説明する。

セーフティカー導入前、ベッテルはレースを20秒リードしていたが、レーシングスピードに再加速した最初のラップにリタイアに追い込まれている。他方、グロージャンは、それから数周後にフェラーリを追撃中にトラブルが発生した。

ルノースポール幹部ロブ・ホワイトは、原因を解明するためにはもう少しテストを重ねる必要があると語る。

「パーツは徹底的に調査しましたが、はっきりした故障原因は見つかりませんでした。そのためヴィリシャチオンのダイナモで状況を再現するテストを行い条件を変えた検証を重ねているところです」

セーフティカー導入が故障を引き起こした可能性はホワイトが否定し、ベッテルの場合はむしろ低速走行によってリタイアは先送りされたと見ている。

「レッドブルのオルタネータはセーフティカーが入る前から過熱が始まっていたことがわかっています。むしろ、速度が落ちたおかげで土壇場の寿命は延びたようです。そしてレーシングスピードに加速したところで問題は深刻化し、皆さんご覧になったとおりの結末になりました。ロータスは、セーフティカー撤収の数周後に突然予告無しにトラブルが発生しました」

ルノースポールはシルバーストーンでの再発防止のため様々な対策を検討していているが、製造ロットの違う発電機を装着するというのが当面の対策になるとしている。
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6707925/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ペレス「シルバーストンで追い抜くのはバレンシアより難しい」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120701-00000006-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1、タイヤウォーマー禁止案が再浮上

写真拡大タイヤウォーマーを装着して出走を待つレッドブルのマシン(2012年・ヨーロッパGP) 写真一覧(2件)バレンシアで急浮上したタイヤウォーマー禁止の提案。独占タイヤサプライヤーのピレリも必要であればコンパウンドの変更で応じるという約束も取り付けているようだ。

F1パドックに近寄るとまず感じるのはF1エンジンの爆音やガソリンの匂い、ガレージの喧騒。ファンの多くはおそらくそういったものを想像されるだろうが、実はF1パドックを覆っているのはディーゼル発電機の騒音と排気の臭いだ。

その目的は何かというと、電熱線で成り立つタイヤウォーマーであり、商用電源が国ごとに規格が異なることから、各チームは専らディーゼル発電機に依存しているのが実態だ。

マクラーレンのマーティン・ウィットマーシュは、コンパウンドの改良によって安全上の懸念が払拭されるのであれば、ウォーマー禁止案は一考に値すると語る。

「現状のタイヤだったらウォーマーの禁止は自殺行為だ。これだけははっきりしている。ただタイヤコンパウンドが軟らかめに変更されるなら、グリッドから騒々しい発電機を一掃してウォーマー関連の費用を切り詰めるのはスポーツ全体の利益にかなうだろう。F1以外のフォーミュラの例を見ても、不可能とは考えられない。マクラーレンの場合、発電機とウォーマーを世界中に持ち歩いてグリッドを騒音の海とするのに30万ポンドを費やしているからね」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6709552/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロンドン市街地で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120630-00000016-cnn-int

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。