2012年05月23日

【INDY500 2012】予選2日目最速はブルデー…アレジも決勝進出を決める

写真拡大決勝進出をなんとか果たしたアレジ。 写真一覧(18件)日曜日のスピードウェイは「バンプデー」と呼ばれる予選最終日を迎えた。前日のポールデ?で24位以内に入れず決勝グリッドを獲得出来なかった者にとってのラスト・チャンスだ。

とはいえエントリーがフルグリッドぴったりの33人では今年は予選落ちはあり得ない。
ただただ残りの9人が無難に4周の予選を走り切ってくれることを誰もが願った。

9人の中で最速のスピードを記録したのは元・F1ドライバーのセバスチャン・ブルデ?だった。今週になってようやくシボレー・エンジンを手にして滑り込む事が出来たドライバーのひとりだ。ブルデーのスピードは223.760マイル/hでこれは前日クォリファイ組と比べても15位に匹敵するまずまずのスピードだ。しかし、伝統のルールによって彼に与えられるのは9列目イン側25番手グリッドとなる。

非力なロータス・エンジンに手を焼いていたジャン・アレジも予選の4周回を無事にこなした。だが、アレジのスピードは210.094マイル/hという残念なものだった。
もちろん最後尾33位からの決勝スタートとなる。

このスピードはブービー32位のシモーナ・デ・シルベストロよりも4マイル/h以上も遅く、
PPのブリスコーからは16マイル/h以上も離される結果となった。

予選の合間を縫って既に決勝進出を果たしたドライバーは練習走行を行った。各ドライバーの目的はもっぱら決勝レースに向けたマシン作りだ。特に混戦でのタービュランス(気流の乱れ)の中で速いセッティングを見つけることが重要なのだ。

佐藤琢磨の悩みは更に深いものへとなっていった。ドラフティング(風よけ)を使ってもシボレー・エンジン勢について行けないのだ。

ダウンフォースを削ったマシンはシボレー車の後ろではコントロールの非常に難しい車になってしまっていた。33台が一斉にスタートする決勝レースはこのままでは苦戦が予想される。琢磨に残された時間は金曜日の最終練習走行だけになった。
《レスポンス 重信直希》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6584564/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ペトロフ、ロータス・ルノーGP離脱の理由を明かす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120523-00000005-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これがルノー アルピーヌ 復刻モデル?! …海外メディアがスクープ

写真拡大1960年代のラリーで活躍したアルピーヌA110 写真一覧(2件)ルノーの名車として知られるアルピーヌ『A110』。同車の復刻コンセプトカーの姿が、海外メディアのスクープによって初めて明らかになった。

これは21日、フランスの自動車メディア、『motorsport-magazine.fr』が伝えたもの。同メディアによると、これがアルピーヌA110の復刻コンセプトカーだという。

このアルピーヌA110の復刻モデル、車名はアルピーヌ『A110‐50』。50とは、同車のデビュー50周年を意味するネーミングだ。

アルピーヌ社は1956年、フランスに設立。当初はルノー車を改造してモータースポーツに参戦していた。1960年代には、アルピーヌA110がラリーで大活躍し、アルピーヌの名は一躍有名に。1973年にはルノーの傘下に入り、現在は「ルノースポール」各車を生産している。

アルピーヌA110の復刻コンセプトカーは、27日に決勝レースを迎えるF1モナコGPの開幕前夜、25日にモナコで初公開される見込み。同メディアが掲載した画像からは、ルノーが2010年秋のパリモーターショー10に出品したコンセプトカー、『ドゥジール』(DeZir)に似たデザインが確認できる。
《レスポンス 森脇稔》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6584657/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


実力は本物!? 話題の“東京バーチャルサーキット”に山本尚貴が挑戦(1)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000010-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【F1 モナコGP】バトン「モナコにはやり残した仕事がある」

写真拡大ジェンソン・バトン(マクラーレン)参考画像 写真一覧(2件)「モナコにはちょっとやり残した仕事があるんだ」と、ジェンソン・バトン(マクラーレン)は今週末のモナコGPを前に語る。

昨年のモナコGPでバトンは3ストップを選択したことが裏目に出て、いずれも2ストップのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)とフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)の先行を許した。

終盤18周、上位2名はまだ1ストップしかしてなく、ピレリタイヤのデグラデーションに耐えながらバトンを加えた三者で激しいテールトゥーノーズの争いを展開した。フィニッシュ直前の赤旗によって三者がペナルティなしでタイヤを交換したことでバトンのチャンスは消えた。

「マクラーレンがモンテカルロで刻んできた栄光の歴史に、自分自身の名を書き加えることが、僕に残された仕事なんだ」

ちなみにバトンは2009年のブラウンGP時代にモナコGPを制している。
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6584655/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


実力は本物!? 話題の“東京バーチャルサーキット”に山本尚貴が挑戦(2)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000011-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乗ってみたいのはどれ?最も高価な市販車ランキングTOP10

高級車がステータスの証……という時代でもなくなってきましたが、それでも高価な車には憧れてしまうものです。
この世で最も高額な市販車はいくらするのか、TOP10をご紹介します。

第10位 パガーニ・ゾンダ C12 F

約5300万円
パガーニ・ゾンダ - Wikipedia

第9位 フェラーリ・エンツォ

約5400万円
フェラーリ・エンツォ - Wikipedia

第8位 マクラーレン・F1

約7800万円
マクラーレン・F1 - Wikipedia

第7位 Zenvo ST1

約9800万円
デンマーク初のスーパーカー…最高速375km/h

第6位 マイバッハ ランドレー

約1億1000万円
マイバッハのオープンモデル、日本初公開

第4位 ケーニグセグ アゲーラR
[画像を見る]
約1億2800万円
ケーニッグゼグ・アゲーラ - Wikipedia

第4位 ランボルギーニ・レヴェントン
[画像を見る]
約1億2800万円
最高級のランボルギーニを注文すると、こんな風に届く

第2位 パガーニ・ゾンダ・チンクエ ロードスター
[画像を見る]
約1億4800万円
パガーニ・ゾンダ - Wikipedia

第2位 アストンマーチン・One-77
[画像を見る]
約1億4800万円
アストンマーチン・One-77 - Wikipedia

第1位 ブガッティ・ヴェイロン スーパースポーツ
[画像を見る]
約1億9200万円
ブガッティ・ヴェイロン - Wikipedia

どれも立派な家が建ってしまうほどの値段ですが、いったいどんな乗り心地なのでしょうね。
もっとも大富豪にでもならないかぎり、傷付くのが怖くてとても運転できないかもしれません。
The World's Most Expensive Cars
【乗ってみたいのはどれ?最も高価な市販車ランキングTOP10】を全て見るすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
気になる高収入な職業はどれ?アメリカの年収ランキング・トップ10歴史上の天才たちのIQはいくつだったのか…世界の知能指数ランキング10世界の最も忙しい空港トップ10


http://news.livedoor.com/article/detail/6584713/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000038-rps-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

火災に巻き込まれたB.セナのマシン、モナコGP出走OK!

火災に巻き込まれたB.セナのマシン、モナコGP出走OK!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000110-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式会社ナック レーシングドライバーの 佐藤琢磨選手とスポンサー契約を締結

写真拡大佐藤琢麿選手_写真_1 写真一覧(2件)2012年5月15日

株式会社ナック
コード番号9788 東証第一部

株式会社ナック
レーシングドライバーの佐藤琢磨選手とスポンサー契約を締結


株式会社ナック(代表取締役社長:寺岡豊彦、本社:東京都新宿区)は、レーシングドライバーの佐藤琢磨選手とスポンサー契約を締結いたしました。 本契約により、佐藤選手はIZODインディカーシリーズ 2012年シリーズで、ドライバーズキャップに株式会社ナックのロゴを掲載します。





■ 佐藤琢磨選手の経歴

佐藤選手は1977年東京都 (町田市) 生まれ。
高校時代から自転車競技を始め、インターハイ、全日本学生選手権優勝など輝かしい成績を残す。

小学生のときに観戦したF1の夢をあきらめきれず、大学在学中に、モータースポーツの世界へ飛び込む。2000年からF1への登竜門であるイギリスのF3に挑戦、2001年には同シリーズで日本人初めての総合優勝。マカオGPなど世界戦も制し、F3ドライバーの頂点を極める。

翌2002年、モータースポーツに転身してからわずか5年でF1デビュー。2004年のヨーロッパGPでは、日本人ドライバーで初めて予選最前列を獲得し、アメリカGPでは表彰台に上がる快挙を成し遂げた。

2010年からは活動範囲を広げ、インディカーシリーズに参戦している。


■ スポンサー契約の経緯

町田市で創業した当社は、弁護士であった佐藤選手の父親とご縁がありました。 幼少の頃から知っていた佐藤選手も、まだ上場前の当社も互いに大きく成長し、いずれもその業界でトップに登りつめています。
売上1000億円にチャレンジする当社にとって、海外を拠点に F1からインディカーへと更なる挑戦を続ける佐藤選手の姿が企業イメージに合致すると考え、また、「With you Japan」 プログラムを通して被災地支援に取り組む姿勢に共感し、スポンサー契約を締結しました。


■ 佐藤琢磨選手のコメント

この度、地元町田市の企業であるNAC様から応援して頂けることが決まり、とても嬉しく思います。創業者である西山会長とは25年も前からのお付き合いがあり、子どもだった自分がモータースポーツに夢見ていたことを知っている数少ない知人でもあります。数々の挑戦を続けて業界トップの地位を築かれたNAC様のように、僕自身もインディカーシリーズの頂点を目指しチャレンジして行きたいと思います。


=============== 補足資料 ===============


■ 佐藤選手の主な戦績

【自転車競技】
 1994年 8月 インターハイ 優勝
 1995年 9月 インターカレッジ 2位
 1996年 6月 全日本学生個人戦 優勝
【モーターレース】
 1996年 2月  レーシングカート・デビュー
 2000年 3月〜 イギリスF3  4勝 シリーズ3位/フランスF3 優勝 (スポット参戦)
 2001年 3月〜 イギリスF3 12勝 シリーズ優勝/Macau GP など3戦で優勝
 2002年 3月〜 F1参戦/日本GPで5位入賞
 2004年 3月〜 第7戦 ヨーロッパGPで日本人ドライバー初の予選最前列を獲得
         第9戦 アメリカGPで初の3位表彰台に上る
 2010年 2月〜 新天地アメリカでインディカー・シリーズへ参戦
 2011年 4月  第4戦 サンパウロ・インディ300で3位表彰台に上る


■ 株式会社ナックについて

当社は、1971年に992番目のダスキン加盟店として、「ダスキン鶴川」というストア・ブランドで事業をスタート。1984年より、トップディーラーとして成長してまいりました。 現在では、「クリクラ」の宅配水事業、コンサルティング事業、ハウスメーカー「レオハウス」の住宅事業、環境衛生(ウィズ)事業を展開。暮らしの「お役立ち企業」として、全国で約80万軒のお客様にサービスを提供しています。

「家を買って掃除して水を飲んだ。それ全部ナックです」のキャッチコピーのように、これからも消費者の一番身近なところで、生活をより快適にするための事業に、幅広く取り組みます。


■ 株式会社ナック 会社概要

社名      : 株式会社ナック
設立年     : 昭和46年5月20日
資本金     : 40億円
代表者     : 寺岡豊彦
社員数     : 連結2399名 (平成23年3月末現在)
株式上場    : 平成11年10月 東証一部上場(証券取引コード9788)
本社所在地   : 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル42階
電話番号    : 03-3346-2111(代表)

そのほか、必要な情報やデータなどが御座いましたらいつでもお気軽にご連絡頂ければ幸いです。すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6581399/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


グロジャン「クルマがモナコに合っていることを願う」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120522-00000004-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュル24時間、気になる日本からの挑戦者達は?【2012年ニュルブルクリンク24時間レース】

世界最大規模の耐久レース、ニュルブルクリンク24時間。今年も日本から多くの挑戦者がノルドシュライフェに集っています。

今年、日本勢1番の話題はやはり86の参戦でしょうか。

GAZOO Racingはレクサス・トヨタブランドのLEXUS LF-Aと2台の86の計3台で参戦します。

83号車のLF-Aを操るのはニュル24時間参戦経験は20年以上の木下隆之を筆頭に、飯田章、脇坂寿一の3選手、ベテラントリオです。165号車の86は石浦宏明、大嶋和也、井口卓人のトヨタ系の若手3名と、高木実の4選手。166号車の86は 影山正彦、佐藤久実、勝又義信に加えHerwig Daenens4名。全12名がグリーン・ヘルに挑みます。

全日本ラリーの86ですがカラーリングはこれに準じます

高木、勝又両氏はトヨタ社員(テストドライバー)です。こうした方々の参加がトヨタの目指す「クルマの味づくり」にフィードバックされていくことでしょう。

スポンサーは変わりますが、ほぼこのイメージです

そして86はGAZOORacingだけでなく、Toyota Swiss Racingからも200,201号車が参戦しており、日本車の中では最多の4台が出場しています。

 一方、話題では引けを取らないのがGT-Rの本格参戦でしょう。昨年は地元のシュルツモータースポーツのマシン/オペレーションで参戦したGT-R、今年は日本からの参戦です。が、参戦はNISMOからではない様です(NISMOのHPに情報が掲載されていません)。どうやら日産自動車の本隊からの出場と云う噂です。GT-Rは2台参加するようですが、1台はこれぞ日産のエースナンバー“23”を背負った「Team Nissan GT-R」(“ザ・ワークス”って名前ですねぇ)ドライバーは今、ニュルでのタイムアタックを任される鈴木利夫、ニュル24h参戦経験は足掛け10年以上の田中哲也、FIA GT選手権をGT-Rで勝ち取った“世界王者”ミハエル・クルム、若手の中ではニュル24hを既に4度経験済みの星野一樹の4選手、考えうる日産系ドライバーでは鉄壁の布陣です。
もう一台“123”号車はグランツーリスモとのコラボレーション「Team GT Academy」 

昨年の優勝車。今年も車にはどんな感じで“GT”のロゴが入ってるんでしょうか…

グランツーリスモのプロデューサー山内一典とオペラパフォーマンスの山本泰吉にトビアス・シュルツの昨年クラス優勝トリオに加え、“GTアカデミー”から現実のレースに排出されたルーカス・オルドネスの4選手で挑みます。GT-Rは共に8Tクラスにエントリーしています。

また、メーカー系ではスバル/STIより、133号車Subaru GVBとしてインプレッサがエントリーしています。こちらも事実上のファクトリーマシン。ドライバーは昨年同様、吉田寿博、佐々木孝太、マルセル・エンゲルス、カルロ・バンダムの4選手でSP3Tクラスの連覇に挑みます。昨年同様ノートラブルで勝ち抜く事が出来るか興味は尽きません。

昨年優勝したインプレッサ。今年はスバルブルーで彩られます。

インプレッサは他にも117号車がSR Motorsport-Rampageよりエントリーしています。

他には今年もs.i.g. Motorsportから146号車ミニクーパーS JCWでSP2Tクラスに挑む“モンキー”後藤比東至選手を始め、スーパーGT選手権にAudiR8で参戦中の小林賢二選手はTeamDMVより223号車のZ4に乗ります。他にもTeamDMVからは2名の日本人が225号車のBMW325iでエントリーしています。他にももう2,3名日本からのチャレンジャーが居る様です。10年程前と違い、ポッっと行って参加できない(VLNシリーズ戦への出場義務有)だけに、各ドライバーの努力には頭が下がります。

日本人ではありませんが元F1ドライバーのニコラ・ラリー二やニック・ハイドフェルドも参戦しています。
ニック選手は先週時点のエントリーリストには名前が有りませんでしたが、直前迄にはエントリーリストも更新される事でしょう。

いよいよ公式スケジュールに突入したニュル24h。次は日本でも楽しめる方法を紹介します。

■ニュルブルクリンク24時間レース日本公式サイト
http://nurburgring.jp/index.html
(トップページよりエントリーリストのリンクがあります。)

■GAZOO Racingのサイトはコチラ
http://gazoo.com/racing/Top/Top.aspx
(86とLF-Aの本番車のカラーリングが確認できます) 

(川崎BASE)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
NV200がEVとして今度はネットスーパー事業で活躍!【e-NV200テストカー発進式】ホビーショー開幕!タミヤのイチオシは86&BRZ!!「第51回 静岡ホビーショー」ワイルドボディのGRMN「86スポーツコンセプト」が衝撃デビュー! 【ニュルブルクリンク24h耐久レース】


http://news.livedoor.com/article/detail/6567838/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


“バンプなし”のバンプデー終了。インディ500の全グリッド決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000002-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュル24hで予選順位が決定。LFAはクラストップの32位!【2012年ニュルブルクリンク24時間レース】

ニュルブルクリンク24時間レース2回の予選結果で上位40台のマシンは、最終予選に挑み決勝のグリッドを決定する「TOP40」に挑みました。




これからTOP40 Qualifyに挑みます













Pos.
No.
Team
Class
Car
Time
Deficit




1


19
BMW Team Schubert
SP 9 GT3
BMW Z4 GT3  
08:18.4
-


2
26
Mamerow Racing
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  
08:19.7
1.319


3
15
Black Falcon
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
08:20.0
1.668


4
65
Hankook-Team Heico
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3 
08:20.7
2.349


5
20
BMW Team Schubert
SP 9 GT3
BMW Z4 GT3  
08:20.9
2.524


6
11
Wochenspiegel Team Manthey
SP 9 GT3
Porsche 911 GT3 R
08:21.4
3.002


7
66
Hankook-Team Heico
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3  
08:21.6
3.223


8
2
Audi Sport Team Phoenix
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  GT3
08:21.8
3.437


9
17
BMW Team Vita4one
SP 9 GT3
BMW Z4 GT3  
08:22.2
3.847


10
22
ROWE Racing
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
08:22.3
3.871


11
4
Speedhunters Team WRT
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  GT3
08:22.4
4.022


12
3
Audi Sport Team Phoenix
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  GT3
08:22.4
4.044


13
9
Raeder Motorsport
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra 
08:23.1
4.67


14
29
Marc VDS Racing Team
SP 9 GT3
BMW GT3 Z4  
08:23.1
4.73


15
18
BMW Team Vita4one
SP 9 GT3
BMW Z4 GT3  
08:23.2
4.797


16
7
Young Driver AMR
SP 9 GT3
Aston Martin AMR Vantage GT3  
08:23.8
5.434


17
6
Young Driver AMR
SP 9 GT3
Aston Martin AMR Vantage GT3  
08:24.8
6.442


18
90
Haribo Racing Team
SP 9 GT3
Chevrolet Callaway Corvette  
08:24.9
6.519


19
12
Wochenspiegel Team Manthey
SP 7
Porsche 911 GT3 MR 
08:26.9
8.526


20
21
ROWE Racing
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
08:27.5
9.129


21
10
Manthey-Racing
SP 9 GT3
Porsche 911 GT3 R
08:27.7
9.323


22
28
No team name
SP 9 GT3
Porsche 997 GT3R 
08:28.6
10.233


23
27
Timbuli Racing
SP 9 GT3
Porsche 997 GT3 
08:28.9
10.564


24
8
Haribo Racing Team
SP 9 GT3
Porsche GT3 R  
08:29.2
10.803


25
25
Audi race experience
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  
08:29.5
11.165


26
777
H + R Spezialfedern GmbH + Co. KG
SP 9 GT3
Ford GT3 GT  
08:30.4
12.041


27
69
Dörr Motorsport GmbH
SP 9 GT3
McLaren MP4 12C GT3 
08:31.6
13.187


28
24
Audi race experience
SP 9 GT3
Audi R8 LMS ultra  
08:31.8
13.417


29
59
Dörr Motorsport GmbH
SP 9 GT3
McLaren MP4 12C GT3 Cup 
08:32.1
13.708


30
1
Global Partner Enterprise SA
E1-XP Hyb.
P4/5 Hyb.   
08:32.6
14.203


31
16
Black Falcon
SP 9 GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
08:34.8
16.387


32
83
Gazoo Racing
SP 8
Lexus LFA   
08:36.2
17.805


33
47
Timbuli Racing
SP 7
Porsche 911 GT3  
08:36.9
18.552


34
150
Kremer Racing
SP 7
Porsche 911 GT3 KR
08:42.4
23.996


35
39
Dörr Motorsport GmbH
SP 7
Porsche 911 GT3 Cup 
08:42.5
24.126


36
54
No team name
SP 7
Porsche 911 GT3 Cup 
08:44.0
25.618


37
50
raceunion Teichmann Racing
SP 7
Porsche 911 GT3 Cup 
08:45.4
27.013


38
111
Raeder Motorsport
SP 4T
Audi TT RS  
08:46.9
28.504



例年 ニュルブルクリンク24時間レースでは70台程度の、3つのブロックに分かれてのローリングスタートを行います。24時間レースではあまり予選順位は重要でない、とはいえブロック単位に数分開けてスタートなので、最初のブロックに居る事は重要でしょう。トップ40に入っていると、最初のブロックにいますのでこれ以上の予選順位獲得も決勝の戦略への影響は少ないでしょう。しかし、出走台数が多く、各予選最初の1周だけしかアタックが難しいニュルでは、真の速さを競えるのはこの時しかありません。

今年の予選最速はBMW のワークスチーム・シューベルトのBMW Z4 GT3/Uwe Alzen(ウベ・アルツェン) が奪いました。日本車で唯一TOP40に挑んだGAZOORacingの飯田章選手はLEXUS LFAを32位に導きました。

この週末、ニュル24時間レースをパブリックビューイングするイベントが有ります。
5/19,20に東京・お台場のメガウェブで週末に開催されるMEGAWEBフェスタ、日曜日の15:30からニュル24hのパブリックビューイングが行われます。会場では他にもF1や86ラリーカーのデモ走行も予定されています。86ラリーカーは現全日本チャンピオン:勝田範彦選手のドライブで同乗走行のチャンスも有ります!




全日本ラリーで闘うGAZOORacing86。足はグラベル仕様のままです。(LUCKにて)

ニュル24hファン/GAZOORacingファン、お時間のある方はメガウェブに集合です!


MEGAWEBフェスタ http://www.megaweb.gr.jp/Event/Megaweb_festa2012/
 
(川崎BASE) すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
速報!ニュルブルクリンク24時間耐久レースはクラス優勝日本車勢が総なめ!エブロのイチオシ…注目商品が多過ぎます!そしてココにもニュル増殖中!「第51回 静岡ホビーショー」残り1h LFA&86&インプレッサクラス優勝なるか!【2012年ニュルブルクリンク24時間レース】


http://news.livedoor.com/article/detail/6577414/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ピレリ、イギリスGPまでのタイヤコンパウンドを発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000005-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

F1、優勝者分散はタイヤの影響大…ピレリ「努力足りない」

写真拡大F1スペインGPで優勝したウィリアムズのパストール・マルドナド 写真一覧(5件)ピレリのモータースポーツ部長を務めるポール・ヘンベリーが、2012年シーズンのウィナーが分散している現状を、モータースポーツ全体にとって有益だと再び主張している。

レッドブルのディートリッヒ・マテシッツ会長を筆頭に、開幕から5戦で優勝者が全員違うという状況を憂慮する者は少なくない。彼らの主張の根本は、レースの結果にタイヤが及ぼす影響が大きく、F1が不確定なギャンブルに変化しつつあるという点だ。

ヘンベリーは優勝者の分散は、ファンにとってもF1チームにとっても有益であって害など少しもないと語る。

「私たちに届くF1ファンからのフィードバックの大多数は、レースがこれまでより楽しくなったという趣旨のものです。もしも開幕前に今年は5戦で5人の異なるドライバー、チームが優勝するだろうという予言したら笑われていたでしょうが、結果はご覧のとおりです。もしも、パストール・マルドナドの優勝を快く思っていないチームがあるとすれば、私からは努力が足りないのだと言いたいですね」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6581107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ピレリ「予測不可能な
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000013-rcg-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

L.ハミルトン「モナコでは僕に有利になるようにカードを切る」

L.ハミルトン「モナコでは僕に有利になるようにカードを切る」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000110-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとBRZとLFAが! 静岡ホビーショーが開幕です。【第51回静岡ホビーショー】

今年で51回目を向かえた静岡ホビーショー。多くの模型メーカーの発祥の地である静岡だけに、キャッチコピーは「模型の世界首都へようこそ」。技術に対する自信がうかがえます。そんなホビーショーの詳細については随時報告していきますが、会場のタミヤブースには、なんとスバルBRZが展示されているではないですか!

これは東京オートサロン2012で展示されていたBRZのSTIコンセプトで、オートサロンに行けなかった方にはチャンス! 実際、会場では熱い視線を浴びており、人気を集めていました。

また、タミヤブースには東京モーターショー2011のトヨタブースに展示されていた、トヨタ&ヤマハの雄志が自作したという、LFA製造工程のジオラマ「LFA工房」も会場に華を添えていました。クルマ造りと模型作成に関連性があるのかどうかは解りませんが、何度見てもその完成度の高さには脱帽です。手作業の多いLFAがどのように作られていくのかが、ばっちり再現されています。

そして会場近くにあるタミヤ本社には、なんとLFAのベアシャーシも展示されています。こちらも東京モーターショーで展示されていたものですが、LFAの内部構造が丸わかりですから、やはり何度見ても感動です。

そしてLFAのベアシャーシが見られるタミヤ本社ですが、期間中はオープンハウスとなっており、ギャラリーは誰でも楽しめます。ちなみにこのギャラリー、貴重なF1マシンなども展示されています。

六輪で有名なティレル34や、復活を遂げたロータスのイメージカラーのおおもとであるJPSカラーの91フォード。そしてタミヤがスポンサードしていて、後にマクラーレンでチャンピオンとなるミカ・ハッキネンが乗っていた、ロータス・ジャッド102Bなど、F1の歴史をじっくり見られます。

静岡ホビーショーは5月20日の16時まで。会場はツインメッセ静岡。日本の誇る産業の一つであるホビーに、触れてみてはいかがですか?

ホビーショーのサイトはコチラ

http://www.hobby-shizuoka.com/

タミヤのサイトはコチラ

http://www.tamiya.com/japan/index.htm

(佐藤みきお)



すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
エブロのイチオシ…注目商品が多過ぎます!そしてココにもニュル増殖中!「第51回 静岡ホビーショー」ホビーショー開幕!タミヤのイチオシは86&BRZ!!「第51回 静岡ホビーショー」トヨタ86・スバルBRZのスケールモデルが静岡ホビーショーに登場 !


http://news.livedoor.com/article/detail/6577024/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


バトン「モナコにはやり残した仕事がある」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120521-00000002-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーニー・エクレストン

"F1界のドン"と呼ばれ、運営の最高責任者であるバーニー・エクレストン氏が進めていた2つの計画が思うように進んでいないようだ。1つ目は、F1フランスGPの再開。1カ月前、エクレストン氏は、仏のサルコジ政権下でスポーツ相を務めていたダビッド・ドゥイエ氏と、ポール・リカール・サーキットでのフランスGP再開で合意していた。2013年から1年おきにベルギーGPと交互に開催するというもので、詳細についてはまだ決定していなかったが、契約は目前だったという。記事全文



http://news.livedoor.com/social_stream/list/6577391/#comment
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


アングリーバードとロータス、モナコGPでコラボ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000002-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

86からF1マシンまでお台場に大集合!【MEGA WEBフェスタ】

5月19〜20日にお台場のMEGA WEB(メガウェブ)で「MEGA WEBフェスタ」が開催されました。

まず最初に目を引いたのは全日本ラリー仕様のトヨタ86。勝田範彦選手のドライブによるデモランと同乗体験走行が行なわれていました。





トヨタ86とスバルBRZのカスタマイズ車による同乗体験走行も大人気。









会場内には18日に披露されたばかりのパイクスピークマシン、三菱i-MiEV Evolutionが展示され、注目を集めていました。





パイクスピークマシンではモンスター田嶋選手のEVマシン、E-RUNNERも披露。とても電気自動車には見えないスタイルですね。





さらに田嶋選手はスズキSX4パイクスピークマシンでのデモランも披露しました。





日産はWRCグループBマシンの240RSを展示。





さらにル・マン24時間レース用のR390も展示されていました。





そして電気自動車リーフのレース仕様車、リーフNISMO RCをデモラン&同乗走行用に持ち込んでいました。





また2013年よりスタートする予定のインタープロトシリーズのマシンKurumaも展示され、同乗試乗会も実施。プロジェクトを推進した関谷正徳氏のもとには豊田章男トヨタ社長も姿を見せ、超ビッグなツーショット写真が実現しました。





そしてモータースポーツと言えばやっぱりF1ですね。デモランでまず最初に現れたのはロータス78。ウイングカーの元祖となったマシンですね。





スターターが不調だったようですが、押し掛けでエンジンを始動させて華麗なデモランを披露してくれました。





屋内にはロータス72も展示されていました。





そして5月20日は、あの名車マクラーレンホンダMP4/5もデモランをして、会場は大いに盛り上がりました。





パドックウォークでは、MP4/5のカウルを外してエンジンも見せてくれるという大サービス振り。





そんなモータースポーツ尽くしの2日間でした。



(ぬまっち)




【写真ギャラリーをご覧になりたい方は】 http://clicccar.com/2012/05/20/155009




すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
86・BRZに異色コラボの予感!TYPEONE86が登場!【MEGAWEBフェスタ】同乗試乗、トークショーなどイベント盛りだくさん!日曜日はMEGAWEBフェスタへ大人気のコスプレ・マクラーレンホンダ・BRZ・86と盛りだくさん!土日はMEGA WEBフェスタ開催!


http://news.livedoor.com/article/detail/6577495/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロータス78&マクラーレン・ホンダMP4/5がお台場で疾走!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000006-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

S.ベッテル「モナコで勝つのは格別」

S.ベッテル「モナコで勝つのは格別」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000110-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1のドンを悩ますフランスGP再開とF1運営会社の株式公開

写真拡大"F1界のドン"と呼ばれ、運営の最高責任者であるバーニー・エクレストン氏が進めていた2つの計画が思うように進んでいないようだ。
1つ目は、F1フランスGPの再開。1カ月前、エクレストン氏は、仏のサルコジ政権下でスポーツ相を務めていたダビッド・ドゥイエ氏と、ポール・リカール・サーキットでのフランスGP再開で合意していた。2013年から1年おきにベルギーGPと交互に開催するというもので、詳細についてはまだ決定していなかったが、契約は目前だったという。

ところが、先日の仏大統領選でサルコジ前大統領が破れ、フランソワ・オランド氏が大統領に就任したため、前政権下で決定されたことは全て見直されるという可能性が出てきた。実際にオランド大統領は就任直前の会見で、「F1GPに多額の税金を使う前に、解決すべき問題は他にもたくさんある」と語っている。

2つ目は、F1を運営するフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM社。エクレストン氏は同社のCEO)が、シンガポール市場で計画している新規株式公開(IPO)だ。世界規模での株価の低迷や、IPOで思ったような資金が集まらないといった状況が続いているため、FOMの大株主であるCVC社の関係者たちが、この時期の上場に不安を強めており、「最終的な判断は、18日に行われたフェイスブックのIPOの成り行きと市場の反応を見てから決めたい」としているという。更に、メルセデス・ベンツチームが未だ新コンコルド協定にサインをしていないことも問題となっている。同チームを運営するダイムラーは、「我々のチームと合意に至っていないまま、株式を公開するということは、株主たちが不利益を被る可能性がある」とし、FOMは協定が合意に至ってから株式を公開するべきだと主張している。ロイター通信は、もしメルセデス・ベンツが6月までにコンコルド協定にサインをしなければ、約1600億円を得られると予測されている株式公開は、来年まで待たなければならないだろうと報じている。

いままでF1界を思うがままコントロールしてきたエクレストン氏だけに、思ったように進まない計画にイライラが募る日々だろう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】F1マシン購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
F1のドンを悩ますフランスGP再開とF1運営会社の株式公開【ビデオ】フォード「GT」がハーフマイルで時速342.6kmの世界記録を達成!【ビデオ】もし運転中に銃撃されたら? 要人警護のドライビングテクニックに挑戦!


http://news.livedoor.com/article/detail/6577391/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


「ペイドライバーじゃない」 マルドナド、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000536-san-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペイドライバーじゃない」 マルドナド、F1スペインGP優勝で才能を証明

【エキゾーストNOTE】
 5戦を終えて5人が優勝し、うち2人が初優勝と、今季のF1世界選手権シリーズは大接戦の様相を呈している。第5戦・スペインGPを制したのはウィリアムズ・ルノーで2年目のF1シーズンを戦うパストール・マルドナド(ベネズエラ)。誰もが予想しない結末となったレースは、レース後にも予想外の出来事が起きるなど、波乱のGPとなった。(只木信昭)
 ■王者の肩車
 「すばらしい日だ。僕だけでなく、チーム全体にとってね。チームは昨年からレースごとに一生懸命改善を進めてきた。その結果がこれだよ」。27歳のマルドナドは勝利の喜びをかみしめた。
 初めて立った表彰台では、2位のフェルナンド・アロンソ(スペイン=フェラーリ)と3位のキミ・ライコネン(フィンランド=ロータス・ルノー)という2人の元世界王者に肩車され、歓喜の雄たけびを上げた。ベネズエラ人として史上初のF1優勝。24戦目は、現役ではルイス・ハミルトン(英国=マクラーレン・メルセデス)の6戦目、ミヒャエル・シューマッハー(ドイツ=メルセデス)の18戦目、セバスチャン・フェテル(ドイツ=レッドブル・ルノー)の22戦目に次ぐ4番目の早さだった。
 ■繰り上がりPP
 ドラマは前日に始まっていた。マルドナドは予選で自己最高の2位に。「あの時点で勝てると思っていた。最前列からスタートできるなんてすばらしいことだ。チームがすばらしい仕事をして車を仕上げてくれ、僕は(予選で)自分のすべきことをやった」と本人は振り返るが、ポールポジション(PP)のハミルトンは0.5秒以上速く、客観的に見て優勝を期待できる状況ではなかった。
 ところがハミルトンは規定違反で予選タイムを抹消される。予選では自力でピットに戻った後、燃料サンプル1リットルをタンクから出して提出しなければならないが、マクラーレンはこれに違反し、燃料を残すためにハミルトンにコース上で停止するよう指示したのだ。大会審査委員会は、不可抗力とするマクラーレン側の主張を認めず、罰則を科した。決勝最後尾スタートになったハミルトンに代わり、マルドナドは繰り上がってPPに就いた。
 ■作戦成功
 マルドナドのスタートは決して悪くなかった。しかし2番手にいたアロンソが、より以上に鮮やかな加速をみせ、第1コーナー手前でマルドナドのイン側に突っ込んだ。いったん右に寄せてブロックしようとしたマルドナドだったが、必要以上の抵抗はせず、アロンソに先行を許す。
 「(発進時に)クラッチが滑ったようだった。フェルナンドが迫ってきたので順位を守ろうとしたけど、すでに彼がコース上のいい位置にいたので、後ろに下がって追いかけることにした。『先は長いから戦略を変えてフェラーリにアタックしよう』と考えていたんだ」とマルドナド。
 そのチャンスは2度目のタイヤ交換時にやってきた。最初のタイヤ交換はアロンソが10周目、マルドナドが11周目とアロンソが先行。ところが24周目、ウィリアムズはフェラーリの機先を制した。アロンソの後ろをしっかりキープしていたマルドナドの2度目のタイヤ交換を、アロンソより先に行ったのだ。
 コース上で前を抜けないときなどに、先にタイヤ交換をして前走車のいないところへ送り出して自分のペースで走らせ、ターゲットがタイヤ交換したときには前に出ている−。いわゆる「アンダーカット」を狙って先手を打ったウィリアムズ。コースに残ったアロンソは25周目、周回遅れの処理に手間取り、ラップタイムを落とした。26周目を終えてアロンソがタイヤを交換し、コースに戻ったときにはマルドナドが前にいた。
 ■アロンソを退ける
 3度目のタイヤ交換はマルドナド41周目、アロンソ44周目。このとき、ウィリアムズのスタッフが左後輪の交換に若干手間取ったことで、マルドナドはアロンソに差を縮められる。そして、若干異なる戦略でトップにいたライコネンがペースを落とし3番手に後退した48周目から、本当の戦いが始まった。
 アロンソはマルドナドの背後に迫り、プレッシャーをかけ続ける。最終コーナー手前で1秒差以内につけ、メーンストレートではDRS(追い越し促進のために一時的に空気抵抗を減らして速度を上げる装置)とKERS(運動エネルギー回生装置、減速時のエネルギーを電気などに変換し、加速時に使う装置。一種のハイブリッド機構)を利用して追い抜きを仕掛ける。
 両者の差は49周目に0秒910、50周目に0秒850、51周目0秒852…。57周目には0秒676まで迫ったが、再三のアタックにも関わらず、アロンソはKERSしか使えないマルドナドに並びかけることができない。
 「タイヤを最後まで持たせるために注意をしていて、全力では走っていなかった。フェルナンドが迫っていたけれど、彼との距離をコントロールすることができた」と、マルドナドは胸を張る。
 普通なら、先にタイヤを交換した分、マルドナドのタイヤの方が先に摩耗するため、後になるほどアロンソ有利の状況だった。しかし「残り7、8周というところでグリップがなくなった。空力部品をなくしたのかと思ってチームにチェックしてくれと頼んだんだ」とアロンソ。そこからはマルドナドを追うのではなく、「(新しいタイヤに換えて速いペースで追い上げていた)キミとの距離に気をつけた」と、すでに白旗を揚げていた。
 ■名門復活
 ウィリアムズにとっては、2004年最終戦・ブラジルGPでのフアンパブロ・モントーヤ(コロンビア)以来の勝利。通算114勝目は113勝目から7年と202日後にやってきた。“車いすの闘将”と呼ばれたフランク・ウィリアムズ代表は「本当に起きたことなのか、信じるのが難しい」と喜びを口にした。
 1975年初参戦のチームは、フェラーリ、マクラーレンと並ぶF1界の超名門だ。これまでにアラン・ジョーンズ(豪州)、ケケ・ロズベルグ(フィンランド)、ネルソン・ピケ(ブラジル)、ナイジェル・マンセル(英国)、アラン・プロスト(フランス)、デーモン・ヒル(英国)、ジャック・ビルヌーブ(カナダ)の7人を世界王座に押し上げた。ピケの時代はホンダの第2期活動とのコラボレーションで知られるし、マンセル、プロストの時代はアクティブサスペンションなどハイテクマシンで成功を収めた。アイルトン・セナ(ブラジル)が事故死した際のチームであり、中嶋一貴が所属したことでも知られる。
 だが、英国的な頑固さを信条とするようなところがあるチームは2000年代中ごろ、大メーカーが次々に既存チームを買収して参戦する状況の中でプライベートチームにこだわり、スポンサー獲得に苦しんでマシン開発で後れを取るようになる。昨年はマシンの信頼性不足に、パワーで劣るコスワースエンジンを使用したこともあり、最高位9位で入賞わずか3度。コンストラクターズ・ランキング9位と低迷した。
 今季は、かつて栄華を極めたころに組んでいたルノーからエンジン供給を受け、復活が期待されてはいたが、ここまで早く表彰台の真ん中に立つとは、誰にとっても驚きだった。「優勝まで(エンジン供給開始から)3年はかかると思っていた」とはルノーのF1マネジングディレクター、ジャンフランソワ・コーベ氏だ。
 予選日の夜にはウィリアムズ代表の70歳の誕生パーティーが行われたが、マルドナドPP獲得の知らせは、その会場に届けられた。そして翌日の優勝…。「毎日フランクの誕生日にすればいいんじゃないかね」と、あるチーム代表は冗談交じりに祝福する。「まったくだ、信じられない。信じられないよ…」。ウィリアムズ代表は言葉を詰まらせた。
 ■冷静な走り
 チームスタッフの努力とともに、ウィリアムズ代表が優勝の大きな要因に挙げるのは、もちろんマルドナドだ。
 「初めてトップに立ったドライバーというものは、失敗をするものだ」とウィリアムズ代表。「ずっと前を走っていると、レースが進むにつれて『表彰台のことを考えてはいけない』とか、『母親がなんていうか考えちゃいけない』とか、『賞金額はいくらかなんて思っちゃいけない』というプレッシャーにさらされるものだ」
 しかしマルドナは違ったという。「彼は、全くそんなことはなかった。最後まで無線の声は落ち着いていたし、見た限り一切失敗はなかった」
 「彼は多くを学んでいる。特に豪州(開幕戦)でね」とはチームの取締役であるトト・ウルフ氏。豪州でマルドナドは入賞圏内を走行していながら、最終周にスピンして順位を大きく落としてしまっていた。ウルフ氏は「あれでいろいろ考えたんだろう。(今回の)レース前には『1周目にトップでなくなっていても大丈夫。大事なのはポイントを取ることだ』と話していた」と振り返る。
 ■ナショナルヒーロー
 マルドナドの母国ベネズエラは喜びに包まれた。優勝が決まると、首都カラカスやマルドナドの故郷アラグアでは多くの人々が祝砲よろしく車のクラクションを高らかと鳴らし、「マルドナド、ベネズエラの誇り!」と書かれた横断幕が掲げられたという。テレビは全局がマルドナドの快挙を報じ、翌日の新聞は全紙が1面に大きな写真を入れて報道した。
  同国のウゴ・チャベス大統領は「われわれのパストール・マルドナドが勝って、歴史を作った。ブラボー、パストール! 君と、戦ったチームにおめでとう。われわれは勝利する!」とツィートした。もともとマルドナドは国営石油会社PDVSAの支援を受けており、同大統領とは関係が深いが、今回は10月の大統領選で対立候補となるエンリケ・カプリレス氏も「すばらしい! パストールとアラグア、そしてベネズエラ全体におめでとうと言いたい」とツィート。派閥を超えた祝福を受けた。
 ■ペイドライバーじゃない
 この勝利が、これまでのマルドナドに対する評価を完全に覆したのは間違いない。
 18歳で欧州へ渡り、イタリアでレース修行を開始したマルドナド。フォーミュラ・ルノー、イタリアF3000、フォーミュラ・ルノー3.5からF1の登竜門とされるGP2へ、着実に階段を上ってきた。しかしGP2では苦しんだ。特に3年目の2009年には、2歳下でチームメートのニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ=現フォースインディア・メルセデス)の後塵(こうじん)を拝した。GP2初年度のヒュルケンベルクが5勝を挙げてチャンピオンとなり、翌年ウィリアムズでのF1昇格を果たしたのに対し、マルドナドはランキング6位と不本意な結果に終わった。
 翌年、GP2王座を獲得してF1デビューにつなげるのだが、バックにPDVSAという大きなスポンサーがついていたことから、「ペイドライバー」(スポンサーの資金でシートを買ったドライバー)というそしりがついて回ることになった。今季、PDVSAからはウィリアムズへ2940万ポンド(約37億3000万円)が支払われるといわれる。
 「その(スポンサーマネーという)部分はある、それは否定しない」とウィリアムズ代表。「だが、ただそれだけの人間なら、どんなに金を持ち込んでも走らせることはない」という。「彼はGP2でとてもいい走りをしていたし、それどころか本当のレーシングドライバーだということだ」
 ウォルフ氏は「GP2で走るにも150万ポンド(約1億9000万円)ほどの資金が必要で、参戦しているドライバーは速くて才能があるだけではなく、スポンサーを引きつける魅力も不可欠だ」とし、「ペイドライバー」という言葉が意味をなさないと強調。「マルドナドはスペインGPでのパフォーマンスで、自分に対する批判を黙らせたと思う」とたたえた。
 マルドナドが、いつかチャンピオンになると思うか。そうたずねられたウィリアムズ代表は「疑いなく」と明言した。
 次戦・モナコはマルドナドがGP2時代に2勝を挙げている得意なコース。F1でも昨年は力の劣るマシンながら予選8位を記録している。「現時点でわれわれはベストのチームではない。努力を続けなければいけないが、差は小さいし、チームも車もいい感触だから、何も不可能なことはない。ベストをつくして何レースかで勝ち、もっと表彰台に上がる…ということを続けていきたいね」。マルドナドは希望に胸を膨らませた。
 ■ □ ■ □ ■ □
 歓喜の優勝からおよそ1時間半後、ウィリアムズのピットガレージはもうもうたる煙に包まれた。火災が発生したのだ。
 チームではちょうど、ウィリアムズ代表がスタッフを前に優勝を記念するスピーチをしている最中だった。必死の消火作業が行われたが、国際自動車連盟(FIA)によると31人がサーキットの医務室で手当てを受け、やけどや煙を吸い込んだことで7人が近くの病院に運ばれた。チームによると、16日現在でやけどをした1人以外は全員退院。最後の1人もスペインから英国の病院に移送されており、経過は順調だという。
 火災の原因は現地の消防当局が調査中。マルドナドのマシンは公式の車両保管所に置かれていて難を逃れたが、チームメートでリタイアに終わったブルーノ・セナ(ブラジル)のマシンは問題のピットガレージに置かれていたということで、火災による被害が心配されている。チームによるとIT機器など多くの機材が焼失したという。
 火災発生時にはピットが隣り合わせたフォースインディアやケータハムなどのスタッフも協力して消火にあたっており、負傷者も出た。また機材の損失に関してライバルチームのマクラーレンなどは、次戦・モナコGP(24〜27日)でのレンタルなど支援を申し出ている。ウィリアムズ側では、こうした他チームの支援に感謝を表明している。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6577086/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


M.ウェバー「モナコは肉体的には楽だけど精神的に厳しいサーキット」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000111-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(2)

トヨタ・ヨーロッパは、後輪駆動のスポーツカー「GT 86」(日本では単に「86」と名乗る)の発売を記念して、限定特別仕様車「GT 86 ファースト・エディション」を15日にイタリアで発売した。ベースとなっているモデルは、レッド・スティッチ入りファブリック・シートとLSDが標準装備される、日本では「GT」と名付けられたグレードに、「GT "Limited"」用のリア・スポイラーを装着した仕様。記事全文



http://news.livedoor.com/social_stream/list/6568765/#comment
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


N.ロズベルグ「モナコでは少なくとも10人のドライバーに勝つチャンスがある」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000112-ism-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英ローラカーズ、レーシングカーのシャシー製造会社が経営破綻

写真拡大1984年のルマン24時間耐久レースに参戦したマツダ・ローラT616(参考画像)F1などのフォーミュラマシンをはじめ、モータースポーツの世界に数多くのシャシーを供給してきた英国の名門、ローラカーズ。同社が、経営破綻したことが分かった。

これは16日、ローラカーズの親会社、ローラグループホールディングスが明らかにしたもの。「ローラカーズ及び関連会社のローラコンポジットの経営を、行政の管理下に置く」と告げられたのだ。

ローラカーズはここ数年、積極的な投資を続けてきた。しかし、欧州を中心にした景気後退により、これらの投資が経営を圧迫。資金繰りが悪化していた。また英国政府が、同社の研究開発費に対する税控除を認めなかったことも、経営破綻の一因となった。

ローラカーズは1958年に設立。親会社のローラグループホールディングスは、防衛、航空機、通信、代替エネルギーなど、幅広い事業を手がけている。
《レスポンス 森脇稔》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6571696/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


“新たな
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000004-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 04:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

ペレス「モナコGPは僕にとって特に特別なもの」

ペレス「モナコGPは僕にとって特に特別なもの」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000008-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NV200がEVとして今度はネットスーパー事業で活躍!【e-NV200テストカー発進式】

ニューヨークの標準タクシーに選出されたり、F1のサポートカーとして活躍したり、日本でもMクラスの商用車として人気の高いNV200ですが、そのNV200のEVバージョンがe-200NVです。

デトロイトショーでデビューしたe-NV200は、すでにFedexや日本郵便などでの配送業務による実証実験が進められていますが、新たにネットスーパー事業を展開するイオンリテールと共同で実証実験を開始しました。

動画を見るにはこちら

実験は5月15日から6月21日までで、ネットスーパー利用者への配送業務を通じて実用性などを中心にテストをするそうです。

Co2排出ゼロ、EVならでは力強い走り、夜間の住宅地などでも騒音の心配がいらない等、配送業務に向いているとも言われるEVに、あらゆるビジネスシーンで活躍するNV200のパッケージングの組み合わせは最強かもしれません。

リーフに続きe-NV200もパーソナルユースでの使用でも利点が多く、ビジネス向けだけでなく乗用車としても魅力の多いクルマなので、あらゆる方面から登場が待ち望まれている一台です。

今回の実証実験により市販化が近づいてくれる事に期待大です。

■イオンネットスーパー「e-NV200」テストカー 発進式(日産自動車)
http://reports.nissan-global.com/JP/?p=2821

(井元 貴幸)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
這いよれ!ニュル子さんではないけども、ジュークRも展示中【ニュルブルクリンク24時間レース】進化しすぎ! 三菱i-MiEVエボのメカニズムをクローズアップ【パイクスピーク】三菱ワークスが電気自動車i-MiEVエボで3年ぶりにモータースポーツ復帰!【パイクスピーク】


http://news.livedoor.com/article/detail/6575203/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ウィリアムズ、マルドナードは未来のチャンピオン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000001-fliv-moto

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。