2011年12月14日

トヨタのお祭りですが、トヨタじゃないスポーツカーも紛れ込んでいました! 【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL】

11月27日に富士スピードウェイで開催された、トヨタのモータースポーツのお祭り「トヨタ GAZOO Racing FESTIVAL」。こちらの記事でも紹介しているように、トヨタ2000GTとか、トヨタスポーツ800とか、AE-86など、“トヨタを代表する”スポーツモデルが多数集結する様子はまるで盛大なミーティングのようでした。

でも、なかにはこんなクルマも。


インプレッサ。

……ってトヨタでしたっけ?


いや、インプレッサはスバルでしょ。



なぜトヨタのお祭りにインプレッサが紛れ込んでいたのか?



会場のアナウンスによると「ニュル24時間耐久レースを共に戦った仲間として招待し、フェスティバルに参加」なのだそうで。

トヨタのスポーツカーといえば今の話題は「86」→「86」といえばスバルが開発と生産を担当し「BRZ」という兄弟車はスバルでも発売→じゃあスバルも仲間じゃーん! という流れではないかと個人的には推測するのですが、いずれにせよ自社のイベントに他メーカーも受け入れるトヨタの懐の広さはさすがだなあと思ったりしています。

【写真やリンク先が見れない方は→http://clicccar.com/86287

(工藤貴宏)




■関連記事
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・スバル社長は、水平対抗エンジンのポテンシャルを訴求しました【東京モーターショー】
・スバルBRZ 世界初公開!【東京モーターショー】
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?
・86とBRZ、それぞれの「エボリューションモデル」を予想してみる


http://news.livedoor.com/article/detail/6068362/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


P.ディ レスタ、フォース インディアに残留なるか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000111-ism-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタのお祭りですが、トヨタじゃないスポーツカーも紛れ込んでいました! 【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL】

11月27日に富士スピードウェイで開催された、トヨタのモータースポーツのお祭り「トヨタ GAZOO Racing FESTIVAL」。こちらの記事でも紹介しているように、トヨタ2000GTとか、トヨタスポーツ800とか、AE-86など、“トヨタを代表する”スポーツモデルが多数集結する様子はまるで盛大なミーティングのようでした。

でも、なかにはこんなクルマも。


インプレッサ。

……ってトヨタでしたっけ?


いや、インプレッサはスバルでしょ。



なぜトヨタのお祭りにインプレッサが紛れ込んでいたのか?



会場のアナウンスによると「ニュル24時間耐久レースを共に戦った仲間として招待し、フェスティバルに参加」なのだそうで。

トヨタのスポーツカーといえば今の話題は「86」→「86」といえばスバルが開発と生産を担当し「BRZ」という兄弟車はスバルでも発売→じゃあスバルも仲間じゃーん! という流れではないかと個人的には推測するのですが、いずれにせよ自社のイベントに他メーカーも受け入れるトヨタの懐の広さはさすがだなあと思ったりしています。

【写真やリンク先が見れない方は→http://clicccar.com/86287

(工藤貴宏)




■関連記事
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・スバル社長は、水平対抗エンジンのポテンシャルを訴求しました【東京モーターショー】
・スバルBRZ 世界初公開!【東京モーターショー】
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?
・86とBRZ、それぞれの「エボリューションモデル」を予想してみる


http://news.livedoor.com/article/detail/6068362/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


P.ディ レスタ、フォース インディアに残留なるか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000111-ism-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタのお祭りですが、トヨタじゃないスポーツカーも紛れ込んでいました! 【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL】

11月27日に富士スピードウェイで開催された、トヨタのモータースポーツのお祭り「トヨタ GAZOO Racing FESTIVAL」。こちらの記事でも紹介しているように、トヨタ2000GTとか、トヨタスポーツ800とか、AE-86など、“トヨタを代表する”スポーツモデルが多数集結する様子はまるで盛大なミーティングのようでした。

でも、なかにはこんなクルマも。


インプレッサ。

……ってトヨタでしたっけ?


いや、インプレッサはスバルでしょ。



なぜトヨタのお祭りにインプレッサが紛れ込んでいたのか?



会場のアナウンスによると「ニュル24時間耐久レースを共に戦った仲間として招待し、フェスティバルに参加」なのだそうで。

トヨタのスポーツカーといえば今の話題は「86」→「86」といえばスバルが開発と生産を担当し「BRZ」という兄弟車はスバルでも発売→じゃあスバルも仲間じゃーん! という流れではないかと個人的には推測するのですが、いずれにせよ自社のイベントに他メーカーも受け入れるトヨタの懐の広さはさすがだなあと思ったりしています。

【写真やリンク先が見れない方は→http://clicccar.com/86287

(工藤貴宏)




■関連記事
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・スバル社長は、水平対抗エンジンのポテンシャルを訴求しました【東京モーターショー】
・スバルBRZ 世界初公開!【東京モーターショー】
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?
・86とBRZ、それぞれの「エボリューションモデル」を予想してみる


http://news.livedoor.com/article/detail/6068362/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


P.ディ レスタ、フォース インディアに残留なるか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000111-ism-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタのお祭りですが、トヨタじゃないスポーツカーも紛れ込んでいました! 【TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL】

11月27日に富士スピードウェイで開催された、トヨタのモータースポーツのお祭り「トヨタ GAZOO Racing FESTIVAL」。こちらの記事でも紹介しているように、トヨタ2000GTとか、トヨタスポーツ800とか、AE-86など、“トヨタを代表する”スポーツモデルが多数集結する様子はまるで盛大なミーティングのようでした。

でも、なかにはこんなクルマも。


インプレッサ。

……ってトヨタでしたっけ?


いや、インプレッサはスバルでしょ。



なぜトヨタのお祭りにインプレッサが紛れ込んでいたのか?



会場のアナウンスによると「ニュル24時間耐久レースを共に戦った仲間として招待し、フェスティバルに参加」なのだそうで。

トヨタのスポーツカーといえば今の話題は「86」→「86」といえばスバルが開発と生産を担当し「BRZ」という兄弟車はスバルでも発売→じゃあスバルも仲間じゃーん! という流れではないかと個人的には推測するのですが、いずれにせよ自社のイベントに他メーカーも受け入れるトヨタの懐の広さはさすがだなあと思ったりしています。

【写真やリンク先が見れない方は→http://clicccar.com/86287

(工藤貴宏)




■関連記事
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・スバル社長は、水平対抗エンジンのポテンシャルを訴求しました【東京モーターショー】
・スバルBRZ 世界初公開!【東京モーターショー】
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?
・86とBRZ、それぞれの「エボリューションモデル」を予想してみる


http://news.livedoor.com/article/detail/6068362/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


P.ディ レスタ、フォース インディアに残留なるか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000111-ism-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!

まもなく開幕する東京モーターショーで、リッター40kmなどのハイブリッドカーなどとともに、目玉の一つとされているのがこれ!

トヨタの軽量FR(後輪駆動)スポーツクーペ、86だ。この86はトヨタとスバルが共同開発したもので、スバルからもBRZという車名で発売される。スバル製の2リッター水平対向4気筒直噴エンジンは200馬力を発揮。6速MTモデルと6速ATモデルがラインナップされる。マンガ『頭文字D』の主人公が自在に操るAE86型スプリンタートレノを意識したネーミングからもわかるように、走り屋に好まれそうなクルマだ。

エコカー全盛の今の日本で、こうしたスポーツタイプのクルマにどれだけニーズがあるのかは疑問だが、かつてハチロクに乗っていた、もしくは憧れていた40〜50代を中心に注目が集まっているそうだ。モーターショーで何かしらのアナウンスがあるかもしれないが、販売価格は現状未定。価格は一番下のグレードがエアコンなしで199万円という報道もある。

そんな現代版ハチロクのプロトタイプに専用コースで試乗できると聞き、著名ジャーナリスト限定の試乗会に記者は潜り込んでみた――。で、現地に到着すると、ちょっと嫌な予感が。試乗コースはコース幅が非常に狭く、かなりアップダウンがあり、しかもカーブがキツイ。コイツはまるで、ドイツのニュルブルクリンクサーキットみたいだ!!(行ったことないけど) 初対面の新ハチロクよりもコースの難解さに驚き、かなり心臓バクバクの記者。こ、この緊張感はあのLFAの試乗以来だ。(http://nikkan-spa.jp/60262)

しかもジャーナリストのみなさんの中に、な、なんとドリフトの神様“ドリキンこと土屋圭市様”がおられるではないか! やはり、ハチロクのドリフトといえばこの人しかいない! ああ、コースの端っこでいいからドリキンと一緒に走ってみたいなあ。。。そんな無謀な願望をいだきながら待っているうちに、試乗がスタートする。試乗は5台一組で規定時間内に専用コースを走るというもの。コース内の制限速度は100km。しかも、この日はドリフト禁止。なんだ、ドリキンのドリフトは見られないのか(ガッカリ)。

で、いよいよ記者の順番がきた。みなさんがスタートしたら邪魔にならないようにゆっくり発進しよう。そう思ってハチロクに乗り込んでスタートの瞬間を待っていると、ドリキンがコースに登場。記者の数台前のハチロクに乗り込んだ。やった! オレ、ドリキンと一緒に走れる!!

しかし、記者が恐る恐るスタートしたときには、すでに前方にドリキンの姿はない。記者なりに懸命の走りで追いかけてみるのだが、ドリキンどころか1台も視界にとらえることができない。そのまま1周目が終了し2周目に突入。記者の孤独なハチロク試乗は続く――。

ちなみにこの新ハチロク、最初はデザインもサウンドもあんまり好きではなかったのだが、実際に乗ってみるとかなりイイ。何がいいって、クルマの外で聞く音と実際に運転しながら車内で聞く音が、まるで違うのだ。コイツもLFA同様、車体全体で快音が出るように設計されているんでしょう。そのへんは記者にはよくわからないが、とにかく音がイイんです。

なかばドリキンに追いつくことはあきらめて、ハチロクサウンドを楽しみながら最後尾で周回を重ねていると、後方からスゴイスピードで迫ってくるハチロクが! コース幅が狭いので、直線以外で安全に抜くことは不可能。早く直線に行かなくては迷惑をかけてしまう。ドリキンを追いかけるどころか周回遅れで追われる羽目に。。。F1でベッテルに追われる周回遅れのドライバーの気持ちがよくわかる。

懸命にハチロクを走らせ、ようやく直線が見えてきた。記者はウインカーを左に出しコースの左端を走る。これは、どうぞワタクシを抜いてください、という合図だ。完全に戦意喪失である。すると後ろのハチロクが右にウインカーを出し、記者を抜く構えを見せる。これは、オレ今から抜いちゃうよ!という合図だ。近づいてきたハチロクをバックミラーで見ていると、なんと記者を抜こうとしているのはドリキンではないか! 今オレ、ドリキンとハチロクで会話してるよ!なんて感激している記者を、ドリキンはあっさり抜いていく――。

その直後、記者の心に悪魔の囁きが聞こえてきた。このままドリキンにくっついてコーナーに侵入しちゃえ! 直線を抜けた直後のコーナーは右に下っている、怖〜いカーブ。当然、コーナーの先は見えない。先に侵入したドリキンは一瞬で記者の視界から消えていき、続いて記者もドリキンのラインをトレースしながら、超引きつり顔でコーナーへの突入を試みる! パドルシフトで4速→3速→2速とシフトダウンし、ハンドルをグリンっ!と右に目いっぱい切った。すると、車体下部からガガガっ!という音が聞こえてくるではないか。無謀な記者のドライビングに、賢いクルマが制御をかけてきたのだ。要するに、お前、運転下手だからこっちでうまく曲がっとくねってこと。前を見ると、もうドリキンはいない。。。

結局、追いかけるどころか追いかけられてしまったが、憧れのドリキンと一緒にハチロクで走れただけで感無量。勝手に師匠と呼ばせていただきます!

⇒ハチロクのカットが満載!試乗会のフォトレポートも公開中!
http://nikkan-spa.jp/97704/ft860001

取材・撮影・文/デストロイヤー角田


■関連記事
・現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!
・競争激化! 燃費に敏感になった2011年はどんなクルマが登場した?
・世界限定500台。最高速度300km超のスーパーカーに涙目で乗ってみた!!


http://news.livedoor.com/article/detail/6066164/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


セナ、ロータスで再びサードドライバーの可能性も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000002-rcg-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!

まもなく開幕する東京モーターショーで、リッター40kmなどのハイブリッドカーなどとともに、目玉の一つとされているのがこれ!

トヨタの軽量FR(後輪駆動)スポーツクーペ、86だ。この86はトヨタとスバルが共同開発したもので、スバルからもBRZという車名で発売される。スバル製の2リッター水平対向4気筒直噴エンジンは200馬力を発揮。6速MTモデルと6速ATモデルがラインナップされる。マンガ『頭文字D』の主人公が自在に操るAE86型スプリンタートレノを意識したネーミングからもわかるように、走り屋に好まれそうなクルマだ。

エコカー全盛の今の日本で、こうしたスポーツタイプのクルマにどれだけニーズがあるのかは疑問だが、かつてハチロクに乗っていた、もしくは憧れていた40〜50代を中心に注目が集まっているそうだ。モーターショーで何かしらのアナウンスがあるかもしれないが、販売価格は現状未定。価格は一番下のグレードがエアコンなしで199万円という報道もある。

そんな現代版ハチロクのプロトタイプに専用コースで試乗できると聞き、著名ジャーナリスト限定の試乗会に記者は潜り込んでみた――。で、現地に到着すると、ちょっと嫌な予感が。試乗コースはコース幅が非常に狭く、かなりアップダウンがあり、しかもカーブがキツイ。コイツはまるで、ドイツのニュルブルクリンクサーキットみたいだ!!(行ったことないけど) 初対面の新ハチロクよりもコースの難解さに驚き、かなり心臓バクバクの記者。こ、この緊張感はあのLFAの試乗以来だ。(http://nikkan-spa.jp/60262)

しかもジャーナリストのみなさんの中に、な、なんとドリフトの神様“ドリキンこと土屋圭市様”がおられるではないか! やはり、ハチロクのドリフトといえばこの人しかいない! ああ、コースの端っこでいいからドリキンと一緒に走ってみたいなあ。。。そんな無謀な願望をいだきながら待っているうちに、試乗がスタートする。試乗は5台一組で規定時間内に専用コースを走るというもの。コース内の制限速度は100km。しかも、この日はドリフト禁止。なんだ、ドリキンのドリフトは見られないのか(ガッカリ)。

で、いよいよ記者の順番がきた。みなさんがスタートしたら邪魔にならないようにゆっくり発進しよう。そう思ってハチロクに乗り込んでスタートの瞬間を待っていると、ドリキンがコースに登場。記者の数台前のハチロクに乗り込んだ。やった! オレ、ドリキンと一緒に走れる!!

しかし、記者が恐る恐るスタートしたときには、すでに前方にドリキンの姿はない。記者なりに懸命の走りで追いかけてみるのだが、ドリキンどころか1台も視界にとらえることができない。そのまま1周目が終了し2周目に突入。記者の孤独なハチロク試乗は続く――。

ちなみにこの新ハチロク、最初はデザインもサウンドもあんまり好きではなかったのだが、実際に乗ってみるとかなりイイ。何がいいって、クルマの外で聞く音と実際に運転しながら車内で聞く音が、まるで違うのだ。コイツもLFA同様、車体全体で快音が出るように設計されているんでしょう。そのへんは記者にはよくわからないが、とにかく音がイイんです。

なかばドリキンに追いつくことはあきらめて、ハチロクサウンドを楽しみながら最後尾で周回を重ねていると、後方からスゴイスピードで迫ってくるハチロクが! コース幅が狭いので、直線以外で安全に抜くことは不可能。早く直線に行かなくては迷惑をかけてしまう。ドリキンを追いかけるどころか周回遅れで追われる羽目に。。。F1でベッテルに追われる周回遅れのドライバーの気持ちがよくわかる。

懸命にハチロクを走らせ、ようやく直線が見えてきた。記者はウインカーを左に出しコースの左端を走る。これは、どうぞワタクシを抜いてください、という合図だ。完全に戦意喪失である。すると後ろのハチロクが右にウインカーを出し、記者を抜く構えを見せる。これは、オレ今から抜いちゃうよ!という合図だ。近づいてきたハチロクをバックミラーで見ていると、なんと記者を抜こうとしているのはドリキンではないか! 今オレ、ドリキンとハチロクで会話してるよ!なんて感激している記者を、ドリキンはあっさり抜いていく――。

その直後、記者の心に悪魔の囁きが聞こえてきた。このままドリキンにくっついてコーナーに侵入しちゃえ! 直線を抜けた直後のコーナーは右に下っている、怖〜いカーブ。当然、コーナーの先は見えない。先に侵入したドリキンは一瞬で記者の視界から消えていき、続いて記者もドリキンのラインをトレースしながら、超引きつり顔でコーナーへの突入を試みる! パドルシフトで4速→3速→2速とシフトダウンし、ハンドルをグリンっ!と右に目いっぱい切った。すると、車体下部からガガガっ!という音が聞こえてくるではないか。無謀な記者のドライビングに、賢いクルマが制御をかけてきたのだ。要するに、お前、運転下手だからこっちでうまく曲がっとくねってこと。前を見ると、もうドリキンはいない。。。

結局、追いかけるどころか追いかけられてしまったが、憧れのドリキンと一緒にハチロクで走れただけで感無量。勝手に師匠と呼ばせていただきます!

⇒ハチロクのカットが満載!試乗会のフォトレポートも公開中!
http://nikkan-spa.jp/97704/ft860001

取材・撮影・文/デストロイヤー角田


■関連記事
・現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!
・競争激化! 燃費に敏感になった2011年はどんなクルマが登場した?
・世界限定500台。最高速度300km超のスーパーカーに涙目で乗ってみた!!


http://news.livedoor.com/article/detail/6066164/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


セナ、ロータスで再びサードドライバーの可能性も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000002-rcg-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!

まもなく開幕する東京モーターショーで、リッター40kmなどのハイブリッドカーなどとともに、目玉の一つとされているのがこれ!

トヨタの軽量FR(後輪駆動)スポーツクーペ、86だ。この86はトヨタとスバルが共同開発したもので、スバルからもBRZという車名で発売される。スバル製の2リッター水平対向4気筒直噴エンジンは200馬力を発揮。6速MTモデルと6速ATモデルがラインナップされる。マンガ『頭文字D』の主人公が自在に操るAE86型スプリンタートレノを意識したネーミングからもわかるように、走り屋に好まれそうなクルマだ。

エコカー全盛の今の日本で、こうしたスポーツタイプのクルマにどれだけニーズがあるのかは疑問だが、かつてハチロクに乗っていた、もしくは憧れていた40〜50代を中心に注目が集まっているそうだ。モーターショーで何かしらのアナウンスがあるかもしれないが、販売価格は現状未定。価格は一番下のグレードがエアコンなしで199万円という報道もある。

そんな現代版ハチロクのプロトタイプに専用コースで試乗できると聞き、著名ジャーナリスト限定の試乗会に記者は潜り込んでみた――。で、現地に到着すると、ちょっと嫌な予感が。試乗コースはコース幅が非常に狭く、かなりアップダウンがあり、しかもカーブがキツイ。コイツはまるで、ドイツのニュルブルクリンクサーキットみたいだ!!(行ったことないけど) 初対面の新ハチロクよりもコースの難解さに驚き、かなり心臓バクバクの記者。こ、この緊張感はあのLFAの試乗以来だ。(http://nikkan-spa.jp/60262)

しかもジャーナリストのみなさんの中に、な、なんとドリフトの神様“ドリキンこと土屋圭市様”がおられるではないか! やはり、ハチロクのドリフトといえばこの人しかいない! ああ、コースの端っこでいいからドリキンと一緒に走ってみたいなあ。。。そんな無謀な願望をいだきながら待っているうちに、試乗がスタートする。試乗は5台一組で規定時間内に専用コースを走るというもの。コース内の制限速度は100km。しかも、この日はドリフト禁止。なんだ、ドリキンのドリフトは見られないのか(ガッカリ)。

で、いよいよ記者の順番がきた。みなさんがスタートしたら邪魔にならないようにゆっくり発進しよう。そう思ってハチロクに乗り込んでスタートの瞬間を待っていると、ドリキンがコースに登場。記者の数台前のハチロクに乗り込んだ。やった! オレ、ドリキンと一緒に走れる!!

しかし、記者が恐る恐るスタートしたときには、すでに前方にドリキンの姿はない。記者なりに懸命の走りで追いかけてみるのだが、ドリキンどころか1台も視界にとらえることができない。そのまま1周目が終了し2周目に突入。記者の孤独なハチロク試乗は続く――。

ちなみにこの新ハチロク、最初はデザインもサウンドもあんまり好きではなかったのだが、実際に乗ってみるとかなりイイ。何がいいって、クルマの外で聞く音と実際に運転しながら車内で聞く音が、まるで違うのだ。コイツもLFA同様、車体全体で快音が出るように設計されているんでしょう。そのへんは記者にはよくわからないが、とにかく音がイイんです。

なかばドリキンに追いつくことはあきらめて、ハチロクサウンドを楽しみながら最後尾で周回を重ねていると、後方からスゴイスピードで迫ってくるハチロクが! コース幅が狭いので、直線以外で安全に抜くことは不可能。早く直線に行かなくては迷惑をかけてしまう。ドリキンを追いかけるどころか周回遅れで追われる羽目に。。。F1でベッテルに追われる周回遅れのドライバーの気持ちがよくわかる。

懸命にハチロクを走らせ、ようやく直線が見えてきた。記者はウインカーを左に出しコースの左端を走る。これは、どうぞワタクシを抜いてください、という合図だ。完全に戦意喪失である。すると後ろのハチロクが右にウインカーを出し、記者を抜く構えを見せる。これは、オレ今から抜いちゃうよ!という合図だ。近づいてきたハチロクをバックミラーで見ていると、なんと記者を抜こうとしているのはドリキンではないか! 今オレ、ドリキンとハチロクで会話してるよ!なんて感激している記者を、ドリキンはあっさり抜いていく――。

その直後、記者の心に悪魔の囁きが聞こえてきた。このままドリキンにくっついてコーナーに侵入しちゃえ! 直線を抜けた直後のコーナーは右に下っている、怖〜いカーブ。当然、コーナーの先は見えない。先に侵入したドリキンは一瞬で記者の視界から消えていき、続いて記者もドリキンのラインをトレースしながら、超引きつり顔でコーナーへの突入を試みる! パドルシフトで4速→3速→2速とシフトダウンし、ハンドルをグリンっ!と右に目いっぱい切った。すると、車体下部からガガガっ!という音が聞こえてくるではないか。無謀な記者のドライビングに、賢いクルマが制御をかけてきたのだ。要するに、お前、運転下手だからこっちでうまく曲がっとくねってこと。前を見ると、もうドリキンはいない。。。

結局、追いかけるどころか追いかけられてしまったが、憧れのドリキンと一緒にハチロクで走れただけで感無量。勝手に師匠と呼ばせていただきます!

⇒ハチロクのカットが満載!試乗会のフォトレポートも公開中!
http://nikkan-spa.jp/97704/ft860001

取材・撮影・文/デストロイヤー角田


■関連記事
・現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!
・競争激化! 燃費に敏感になった2011年はどんなクルマが登場した?
・世界限定500台。最高速度300km超のスーパーカーに涙目で乗ってみた!!


http://news.livedoor.com/article/detail/6066164/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


セナ、ロータスで再びサードドライバーの可能性も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000002-rcg-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!

まもなく開幕する東京モーターショーで、リッター40kmなどのハイブリッドカーなどとともに、目玉の一つとされているのがこれ!

トヨタの軽量FR(後輪駆動)スポーツクーペ、86だ。この86はトヨタとスバルが共同開発したもので、スバルからもBRZという車名で発売される。スバル製の2リッター水平対向4気筒直噴エンジンは200馬力を発揮。6速MTモデルと6速ATモデルがラインナップされる。マンガ『頭文字D』の主人公が自在に操るAE86型スプリンタートレノを意識したネーミングからもわかるように、走り屋に好まれそうなクルマだ。

エコカー全盛の今の日本で、こうしたスポーツタイプのクルマにどれだけニーズがあるのかは疑問だが、かつてハチロクに乗っていた、もしくは憧れていた40〜50代を中心に注目が集まっているそうだ。モーターショーで何かしらのアナウンスがあるかもしれないが、販売価格は現状未定。価格は一番下のグレードがエアコンなしで199万円という報道もある。

そんな現代版ハチロクのプロトタイプに専用コースで試乗できると聞き、著名ジャーナリスト限定の試乗会に記者は潜り込んでみた――。で、現地に到着すると、ちょっと嫌な予感が。試乗コースはコース幅が非常に狭く、かなりアップダウンがあり、しかもカーブがキツイ。コイツはまるで、ドイツのニュルブルクリンクサーキットみたいだ!!(行ったことないけど) 初対面の新ハチロクよりもコースの難解さに驚き、かなり心臓バクバクの記者。こ、この緊張感はあのLFAの試乗以来だ。(http://nikkan-spa.jp/60262)

しかもジャーナリストのみなさんの中に、な、なんとドリフトの神様“ドリキンこと土屋圭市様”がおられるではないか! やはり、ハチロクのドリフトといえばこの人しかいない! ああ、コースの端っこでいいからドリキンと一緒に走ってみたいなあ。。。そんな無謀な願望をいだきながら待っているうちに、試乗がスタートする。試乗は5台一組で規定時間内に専用コースを走るというもの。コース内の制限速度は100km。しかも、この日はドリフト禁止。なんだ、ドリキンのドリフトは見られないのか(ガッカリ)。

で、いよいよ記者の順番がきた。みなさんがスタートしたら邪魔にならないようにゆっくり発進しよう。そう思ってハチロクに乗り込んでスタートの瞬間を待っていると、ドリキンがコースに登場。記者の数台前のハチロクに乗り込んだ。やった! オレ、ドリキンと一緒に走れる!!

しかし、記者が恐る恐るスタートしたときには、すでに前方にドリキンの姿はない。記者なりに懸命の走りで追いかけてみるのだが、ドリキンどころか1台も視界にとらえることができない。そのまま1周目が終了し2周目に突入。記者の孤独なハチロク試乗は続く――。

ちなみにこの新ハチロク、最初はデザインもサウンドもあんまり好きではなかったのだが、実際に乗ってみるとかなりイイ。何がいいって、クルマの外で聞く音と実際に運転しながら車内で聞く音が、まるで違うのだ。コイツもLFA同様、車体全体で快音が出るように設計されているんでしょう。そのへんは記者にはよくわからないが、とにかく音がイイんです。

なかばドリキンに追いつくことはあきらめて、ハチロクサウンドを楽しみながら最後尾で周回を重ねていると、後方からスゴイスピードで迫ってくるハチロクが! コース幅が狭いので、直線以外で安全に抜くことは不可能。早く直線に行かなくては迷惑をかけてしまう。ドリキンを追いかけるどころか周回遅れで追われる羽目に。。。F1でベッテルに追われる周回遅れのドライバーの気持ちがよくわかる。

懸命にハチロクを走らせ、ようやく直線が見えてきた。記者はウインカーを左に出しコースの左端を走る。これは、どうぞワタクシを抜いてください、という合図だ。完全に戦意喪失である。すると後ろのハチロクが右にウインカーを出し、記者を抜く構えを見せる。これは、オレ今から抜いちゃうよ!という合図だ。近づいてきたハチロクをバックミラーで見ていると、なんと記者を抜こうとしているのはドリキンではないか! 今オレ、ドリキンとハチロクで会話してるよ!なんて感激している記者を、ドリキンはあっさり抜いていく――。

その直後、記者の心に悪魔の囁きが聞こえてきた。このままドリキンにくっついてコーナーに侵入しちゃえ! 直線を抜けた直後のコーナーは右に下っている、怖〜いカーブ。当然、コーナーの先は見えない。先に侵入したドリキンは一瞬で記者の視界から消えていき、続いて記者もドリキンのラインをトレースしながら、超引きつり顔でコーナーへの突入を試みる! パドルシフトで4速→3速→2速とシフトダウンし、ハンドルをグリンっ!と右に目いっぱい切った。すると、車体下部からガガガっ!という音が聞こえてくるではないか。無謀な記者のドライビングに、賢いクルマが制御をかけてきたのだ。要するに、お前、運転下手だからこっちでうまく曲がっとくねってこと。前を見ると、もうドリキンはいない。。。

結局、追いかけるどころか追いかけられてしまったが、憧れのドリキンと一緒にハチロクで走れただけで感無量。勝手に師匠と呼ばせていただきます!

⇒ハチロクのカットが満載!試乗会のフォトレポートも公開中!
http://nikkan-spa.jp/97704/ft860001

取材・撮影・文/デストロイヤー角田


■関連記事
・現代版ハチロクで、ドリフトの神様を追いかけてみた!
・競争激化! 燃費に敏感になった2011年はどんなクルマが登場した?
・世界限定500台。最高速度300km超のスーパーカーに涙目で乗ってみた!!


http://news.livedoor.com/article/detail/6066164/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


セナ、ロータスで再びサードドライバーの可能性も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000002-rcg-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリゾー豊田章男社長のナンバー「・520」は、一体ナニを意味しているの?

工藤貴宏さんが執筆した「これがモリゾー豊田章男社長の“トヨタ車ではない愛車”」を読んでちょっと気になったことがありました。それは、どう見ても希望ナンバーで取得したと思われる、テスラに付けられたナンバープレートの数字「・520」についてです。

最初は、「モリゾーさんの誕生日かなぁ?」と思い、プロフィールを調べてみたら豊田章男社長の誕生日は1956年5月3日でした。この場合「・503」となるはずですよね・・・。う〜ん、「・520」ってなんでしょう。まさか、愛・地球博の「モリゾウ&キッコロ」と関係ある・・・そんなワケないですよね〜。

いろいろと調べていくと、「これだ!!」というものを発見できました。

そう、トヨタ自動車はテスラ・モーターズと2010年5月20日に資本提携したんですね。どなたが選んだのかは分かりませんが、それで「・520」になったのだと思います。ナンバーの数字だけで、凄く勉強になりますね!! といっても、これはあくまでもクリッカーの推測ですが。

希望ナンバーといえば、来年トヨタ86が発売されたら「・・86」を選ぶ人が増えて、枯渇するんじゃないかと思います(登録する地域によって状況は違うと思いますが、豊田ナンバーはとくに大変かも!?)。

ということで、トヨタ86の購入を検討していてナンバーを「・・86」にしたい人は、くれぐれも行動はお早めに!!

(南風よしお clicccar編集部)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6068569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロメ・グロジャンを「数年のうちにナンバー1に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000003-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリゾー豊田章男社長のナンバー「・520」は、一体ナニを意味しているの?

工藤貴宏さんが執筆した「これがモリゾー豊田章男社長の“トヨタ車ではない愛車”」を読んでちょっと気になったことがありました。それは、どう見ても希望ナンバーで取得したと思われる、テスラに付けられたナンバープレートの数字「・520」についてです。

最初は、「モリゾーさんの誕生日かなぁ?」と思い、プロフィールを調べてみたら豊田章男社長の誕生日は1956年5月3日でした。この場合「・503」となるはずですよね・・・。う〜ん、「・520」ってなんでしょう。まさか、愛・地球博の「モリゾウ&キッコロ」と関係ある・・・そんなワケないですよね〜。

いろいろと調べていくと、「これだ!!」というものを発見できました。

そう、トヨタ自動車はテスラ・モーターズと2010年5月20日に資本提携したんですね。どなたが選んだのかは分かりませんが、それで「・520」になったのだと思います。ナンバーの数字だけで、凄く勉強になりますね!! といっても、これはあくまでもクリッカーの推測ですが。

希望ナンバーといえば、来年トヨタ86が発売されたら「・・86」を選ぶ人が増えて、枯渇するんじゃないかと思います(登録する地域によって状況は違うと思いますが、豊田ナンバーはとくに大変かも!?)。

ということで、トヨタ86の購入を検討していてナンバーを「・・86」にしたい人は、くれぐれも行動はお早めに!!

(南風よしお clicccar編集部)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6068569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロメ・グロジャンを「数年のうちにナンバー1に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000003-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリゾー豊田章男社長のナンバー「・520」は、一体ナニを意味しているの?

工藤貴宏さんが執筆した「これがモリゾー豊田章男社長の“トヨタ車ではない愛車”」を読んでちょっと気になったことがありました。それは、どう見ても希望ナンバーで取得したと思われる、テスラに付けられたナンバープレートの数字「・520」についてです。

最初は、「モリゾーさんの誕生日かなぁ?」と思い、プロフィールを調べてみたら豊田章男社長の誕生日は1956年5月3日でした。この場合「・503」となるはずですよね・・・。う〜ん、「・520」ってなんでしょう。まさか、愛・地球博の「モリゾウ&キッコロ」と関係ある・・・そんなワケないですよね〜。

いろいろと調べていくと、「これだ!!」というものを発見できました。

そう、トヨタ自動車はテスラ・モーターズと2010年5月20日に資本提携したんですね。どなたが選んだのかは分かりませんが、それで「・520」になったのだと思います。ナンバーの数字だけで、凄く勉強になりますね!! といっても、これはあくまでもクリッカーの推測ですが。

希望ナンバーといえば、来年トヨタ86が発売されたら「・・86」を選ぶ人が増えて、枯渇するんじゃないかと思います(登録する地域によって状況は違うと思いますが、豊田ナンバーはとくに大変かも!?)。

ということで、トヨタ86の購入を検討していてナンバーを「・・86」にしたい人は、くれぐれも行動はお早めに!!

(南風よしお clicccar編集部)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6068569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロメ・グロジャンを「数年のうちにナンバー1に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000003-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モリゾー豊田章男社長のナンバー「・520」は、一体ナニを意味しているの?

工藤貴宏さんが執筆した「これがモリゾー豊田章男社長の“トヨタ車ではない愛車”」を読んでちょっと気になったことがありました。それは、どう見ても希望ナンバーで取得したと思われる、テスラに付けられたナンバープレートの数字「・520」についてです。

最初は、「モリゾーさんの誕生日かなぁ?」と思い、プロフィールを調べてみたら豊田章男社長の誕生日は1956年5月3日でした。この場合「・503」となるはずですよね・・・。う〜ん、「・520」ってなんでしょう。まさか、愛・地球博の「モリゾウ&キッコロ」と関係ある・・・そんなワケないですよね〜。

いろいろと調べていくと、「これだ!!」というものを発見できました。

そう、トヨタ自動車はテスラ・モーターズと2010年5月20日に資本提携したんですね。どなたが選んだのかは分かりませんが、それで「・520」になったのだと思います。ナンバーの数字だけで、凄く勉強になりますね!! といっても、これはあくまでもクリッカーの推測ですが。

希望ナンバーといえば、来年トヨタ86が発売されたら「・・86」を選ぶ人が増えて、枯渇するんじゃないかと思います(登録する地域によって状況は違うと思いますが、豊田ナンバーはとくに大変かも!?)。

ということで、トヨタ86の購入を検討していてナンバーを「・・86」にしたい人は、くれぐれも行動はお早めに!!

(南風よしお clicccar編集部)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6068569/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ロメ・グロジャンを「数年のうちにナンバー1に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000003-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバルBRZのオールヌードモデルが米クルマ雑誌に掲載されていました【2011東京モーターショー】

やはり顔のイメージが結構変わりますね。

ちなみにコチラがトヨタの86(ハチロク)です。

海外の大手クルマ雑誌Road and Track誌で掲載されていました。

「ああ、スバル」だなという顔つきですね。86よりも大人しい印象を受けますね。
本文に3つのドライブモードがあることが記載されています。スポーツモードはエンジンマッピングとスロットルレスポンスが鋭くなるようですね。

(栗原 淳)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・河口まなぶ氏がBRZの世界最速インプレッション、86のインプレッションと併せてどうぞ! #LOVECARS
・【動画】スバルBRZが発表されました!【東京モーターショー】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!


http://news.livedoor.com/article/detail/6069177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ディ・レスタ「レッドブルに乗っていたらチャンピオンになっていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000004-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバルBRZのオールヌードモデルが米クルマ雑誌に掲載されていました【2011東京モーターショー】

やはり顔のイメージが結構変わりますね。

ちなみにコチラがトヨタの86(ハチロク)です。

海外の大手クルマ雑誌Road and Track誌で掲載されていました。

「ああ、スバル」だなという顔つきですね。86よりも大人しい印象を受けますね。
本文に3つのドライブモードがあることが記載されています。スポーツモードはエンジンマッピングとスロットルレスポンスが鋭くなるようですね。

(栗原 淳)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・河口まなぶ氏がBRZの世界最速インプレッション、86のインプレッションと併せてどうぞ! #LOVECARS
・【動画】スバルBRZが発表されました!【東京モーターショー】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!


http://news.livedoor.com/article/detail/6069177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ディ・レスタ「レッドブルに乗っていたらチャンピオンになっていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000004-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバルBRZのオールヌードモデルが米クルマ雑誌に掲載されていました【2011東京モーターショー】

やはり顔のイメージが結構変わりますね。

ちなみにコチラがトヨタの86(ハチロク)です。

海外の大手クルマ雑誌Road and Track誌で掲載されていました。

「ああ、スバル」だなという顔つきですね。86よりも大人しい印象を受けますね。
本文に3つのドライブモードがあることが記載されています。スポーツモードはエンジンマッピングとスロットルレスポンスが鋭くなるようですね。

(栗原 淳)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・河口まなぶ氏がBRZの世界最速インプレッション、86のインプレッションと併せてどうぞ! #LOVECARS
・【動画】スバルBRZが発表されました!【東京モーターショー】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!


http://news.livedoor.com/article/detail/6069177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ディ・レスタ「レッドブルに乗っていたらチャンピオンになっていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000004-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スバルBRZのオールヌードモデルが米クルマ雑誌に掲載されていました【2011東京モーターショー】

やはり顔のイメージが結構変わりますね。

ちなみにコチラがトヨタの86(ハチロク)です。

海外の大手クルマ雑誌Road and Track誌で掲載されていました。

「ああ、スバル」だなという顔つきですね。86よりも大人しい印象を受けますね。
本文に3つのドライブモードがあることが記載されています。スポーツモードはエンジンマッピングとスロットルレスポンスが鋭くなるようですね。

(栗原 淳)


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・河口まなぶ氏がBRZの世界最速インプレッション、86のインプレッションと併せてどうぞ! #LOVECARS
・【動画】スバルBRZが発表されました!【東京モーターショー】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!


http://news.livedoor.com/article/detail/6069177/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ディ・レスタ「レッドブルに乗っていたらチャンピオンになっていた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000004-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタとヤマハが「つながるバイク」で協業【東京モーターショー】

トヨタとヤマハは、次世代モビリティ社会の構築に向け「つながるバイク」サービスの開発などで協業し、東京モーターショー内「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースにおいて、次世代モビリティの提案として「つながる」電動スクーター“EC-Miu”(写真上)と電動アシスト自転車“PAS WITH”(写真下)のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

電動二輪でいうとヤマハはすでに、電動バイクや電動アシスト自転車を発売している実績があります。
またトヨタはプラグイン・プリウスなどで必要な充電インフラについて、トヨタメディアサービスがEV/PHV向け充電スタンド「G-Station」を販売することを先日発表しました。
両社は上にあげた充電インフラの共同利用や、バイク、クルマの双方で共用可能な充電インフラ構築を目指すそうです。



テーマである「つながる」については充電インフラの共有とともに、トヨタのエネルギー管理システムである「トヨタスマートセンター」をつなぐことで統合的な情報インフラの早期構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的としており、またITサービス分野における両社協業による開発コストの低減も視野に、近く実証実験を始め、“つながる”機能を搭載した車両およびサービスの商品化を目指すといいます。

中国ではすでに多くの電動バイクが街を走っています。日本で今後、電動バイクが普及するにはこのようなシステム化が必要なのかもしれません。

【クリッカー編集部】


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6069393/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ケビン・チェッコン、2012年はリザーブドライバーとして参戦か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000005-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタとヤマハが「つながるバイク」で協業【東京モーターショー】

トヨタとヤマハは、次世代モビリティ社会の構築に向け「つながるバイク」サービスの開発などで協業し、東京モーターショー内「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースにおいて、次世代モビリティの提案として「つながる」電動スクーター“EC-Miu”(写真上)と電動アシスト自転車“PAS WITH”(写真下)のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

電動二輪でいうとヤマハはすでに、電動バイクや電動アシスト自転車を発売している実績があります。
またトヨタはプラグイン・プリウスなどで必要な充電インフラについて、トヨタメディアサービスがEV/PHV向け充電スタンド「G-Station」を販売することを先日発表しました。
両社は上にあげた充電インフラの共同利用や、バイク、クルマの双方で共用可能な充電インフラ構築を目指すそうです。



テーマである「つながる」については充電インフラの共有とともに、トヨタのエネルギー管理システムである「トヨタスマートセンター」をつなぐことで統合的な情報インフラの早期構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的としており、またITサービス分野における両社協業による開発コストの低減も視野に、近く実証実験を始め、“つながる”機能を搭載した車両およびサービスの商品化を目指すといいます。

中国ではすでに多くの電動バイクが街を走っています。日本で今後、電動バイクが普及するにはこのようなシステム化が必要なのかもしれません。

【クリッカー編集部】


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6069393/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ケビン・チェッコン、2012年はリザーブドライバーとして参戦か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000005-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタとヤマハが「つながるバイク」で協業【東京モーターショー】

トヨタとヤマハは、次世代モビリティ社会の構築に向け「つながるバイク」サービスの開発などで協業し、東京モーターショー内「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースにおいて、次世代モビリティの提案として「つながる」電動スクーター“EC-Miu”(写真上)と電動アシスト自転車“PAS WITH”(写真下)のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

電動二輪でいうとヤマハはすでに、電動バイクや電動アシスト自転車を発売している実績があります。
またトヨタはプラグイン・プリウスなどで必要な充電インフラについて、トヨタメディアサービスがEV/PHV向け充電スタンド「G-Station」を販売することを先日発表しました。
両社は上にあげた充電インフラの共同利用や、バイク、クルマの双方で共用可能な充電インフラ構築を目指すそうです。



テーマである「つながる」については充電インフラの共有とともに、トヨタのエネルギー管理システムである「トヨタスマートセンター」をつなぐことで統合的な情報インフラの早期構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的としており、またITサービス分野における両社協業による開発コストの低減も視野に、近く実証実験を始め、“つながる”機能を搭載した車両およびサービスの商品化を目指すといいます。

中国ではすでに多くの電動バイクが街を走っています。日本で今後、電動バイクが普及するにはこのようなシステム化が必要なのかもしれません。

【クリッカー編集部】


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6069393/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ケビン・チェッコン、2012年はリザーブドライバーとして参戦か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000005-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタとヤマハが「つながるバイク」で協業【東京モーターショー】

トヨタとヤマハは、次世代モビリティ社会の構築に向け「つながるバイク」サービスの開発などで協業し、東京モーターショー内「スマートモビリティシティ2011」のトヨタブースにおいて、次世代モビリティの提案として「つながる」電動スクーター“EC-Miu”(写真上)と電動アシスト自転車“PAS WITH”(写真下)のコンセプトモデルを出展することを発表しました。

電動二輪でいうとヤマハはすでに、電動バイクや電動アシスト自転車を発売している実績があります。
またトヨタはプラグイン・プリウスなどで必要な充電インフラについて、トヨタメディアサービスがEV/PHV向け充電スタンド「G-Station」を販売することを先日発表しました。
両社は上にあげた充電インフラの共同利用や、バイク、クルマの双方で共用可能な充電インフラ構築を目指すそうです。



テーマである「つながる」については充電インフラの共有とともに、トヨタのエネルギー管理システムである「トヨタスマートセンター」をつなぐことで統合的な情報インフラの早期構築と、シェアリングなどの新交通システムの確立を目的としており、またITサービス分野における両社協業による開発コストの低減も視野に、近く実証実験を始め、“つながる”機能を搭載した車両およびサービスの商品化を目指すといいます。

中国ではすでに多くの電動バイクが街を走っています。日本で今後、電動バイクが普及するにはこのようなシステム化が必要なのかもしれません。

【クリッカー編集部】


■関連記事
・トヨタ86の7色カラーバリエーションが実車画像で見れます! 【保存版】
・12月4日(日曜日)は東京モーターショーへ86主査の多田哲哉氏の開発裏話を聞きに行こう! #LOVECARS
・メガウェブをF1マシンが走ります!
・プリウスPHVの三洋製電池は大きさ半分!
・86・BRZの登場でスバルが期待する事は?


http://news.livedoor.com/article/detail/6069393/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ケビン・チェッコン、2012年はリザーブドライバーとして参戦か?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000005-fliv-moto




FerraristaMASA

【PR】 可愛いあの娘を振り向かせるっ!
posted by FerraristaMASSA at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。